岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設のスタッフブログ

凰スタッフブログ

専務ブログ

17.06.20

家余りの時代に  その2

前回のブログの続きになります。

日本の空き家は約700万戸もあり、家が余りまくっている。そんな時代に新築を建てる意義はあるのかというお話でした。

私は2つの意味があると考えています。一つは経済対策。もう一つは国民の生活の質向上。

しかし、経済対策については、地域にお金が落ちない家を建てても意味がないというお話でした。

 

今日は生活の質を向上させることについて書いていきたいと思います。

 

何度か書いておりますが、日本の家は先進国の中では非常にレベルが低く、その中で暮らす生活の質はあまり良いとは言えないものです。

今までは粗製乱造で家の量を増やしてきましたが、十分に行きわたったのであれば、これからはより質の高いものを目指すのは自然な流れだと思います。

私はカメラが好きですが、ある程度どの焦点距離でも撮れるレンズが揃ってきましたら、今度はより明るいもの、よりきれいな物と、質の向上に目が行きます。

仕事の道具でも、まずは揃える事、次に質の高い物をとなりますよね?

 

では、質を上げていくとはどういう事か、耐震性、耐久性、健康性、省エネ性ではないかと思います。ご存知のように、阪神大震災以来、日本は大きな地震が来るたびに、古い家がバタバタと倒れていきます。

そもそもの耐震性が低い事に加え、耐久性が低いため、構造躯体がどんどんと弱っていってしまう事が原因です。

そもそもの耐震性については構造強度上げていく事が大切で、現在の法律で言うと、耐震等級1,2,3とあり、なるべく高い耐震等級を取る事が解決策になります。

残りの耐久性、健康性、省エネ性については、実は全部一緒に上げていく事が出来ます。本来、木材の耐久性は1000年程です。伐採から200年程かけて固くなり、その後800年程かけて伐採時の強度に戻ります。

木材の耐久性が落ちる原因は、紫外線と水分です。ウッドデッキが5年程で傷んでしまうのは、紫外線も水分も、これでもかと浴び続けるからですね。では、壁の中にある木材については、紫外線は大丈夫です。残りは水分。壁の中の木材に水分が付着する原因は雨漏りと結露です。雨漏りは当初の施工に加え外部の適切なメンテナンスが大切です。結露については、温度と湿度をちゃんと計算して壁体構造や屋根構造を作る事が大切です。いくらカラカラに見える砂漠の真ん中でもキンキンに冷えたビール瓶は結露を起こしますし、むわっとする浴室の中でも、淹れたての熱いお茶が入った湯飲みは結露しません。結露が起きるメカニズムを正しく理解し、建てた当初は勿論、半永久的に結露を防ぐ壁体構造、屋根構造を作る事で木材に水分が付着することを防げるのですね。

一つ忘れておりました。結露を防ぐ方法はもう一つあります。温度差を作らない事です。明治以前の暮らしの様に、局所採暖で寒さをしのぎ、温度差を作らない生活を送れば、結露とは無縁の生活をすることができます。私自身、横浜で5年程暮らしましたが、借りていたアパートにカビはおろか、結露一つ出すことなく生活し、退去時に大家さんからは「どうやったらこんなにきれいに生活できるんですか?」と聞かれたほどです。が、実際の生活は温度差の無い、とても暑く、とても寒く、そして24時間家中の換気扇をつけっ放しにするというものでした。

健康性については、上記と真逆で、とにかく家の中の温度を下げない事です。家の中というよりは、身体の体温を下げないことが目的です。人の免疫力は基準より体温が1℃上がると5倍に上昇し、1℃下がると30%低下します。手足の指先の温度は33℃を保つのが理想です。しかし、室温が低いととてもそこまでは上がらず、体調を崩しやすくなります。なので、まず暖房器具を使わずとも真冬の自然室温が13℃くらいまで上がり、少ないエネルギーで容易に20℃くらいまで室温を上げられる性能設計が必要になってきます。暖房をすると空気が乾燥する為、加湿をします。その加湿した水分が壁を通して屋外に逃げて行ってしまっては意味がありませんし、屋外に逃げていく過程で木材に水分が付着して木材を痛めますので、完璧な防湿計画も一緒に行わねばなりません。

少ないエネルギーで暖房を行えるという事は、それがそのまま省エネ性につながります。

という事で、耐久性、健康性、省エネ性についての基本的な対策は、断熱と防湿になるわけですね。最近は断熱に一生懸命取り組む方が増えてきましたが、防湿については何も考えていない人も多く、そういった人が腐る家を建ててしまい、「高断熱住宅はダメだ」という烙印を自分で押してしまいます。

生活の質を上げる家にするためには、構造強度と断熱性能をできるだけ高め、防湿は完璧に行う事が求められます。そういう家を建ててくれるのであれば、助成金を出しますよというのが、今の行政のスタンスです。

 

家余りの時代にあえて家を建てるのであれば、地元にお金の残る(自分たちの子供に回ってくる)性能の良い家を建てる。

今からもう一巡、安かろう悪かろう、30年しか持たない家を建て続けたら、日本は本当に立ちいかなくなってしまいます。

専務ブログ

17.06.19

家余りの時代に

ご存知の方も多いかとは思いますが、現在日本は家が余っています。

2015年度の世帯総数は国勢調査の抽出速報集計によりますと、52,015,400世帯だそうです。

平成29年の9月に本集計結果が出ますので、若干の誤差はあると思いますし、2年経った現在は、更に推移しているかと思います。

全世帯に対して、住戸が行きわたっていると家の充足率が100%、それよりも家の方が多いと、充足率が101%、102%、103%、、と上がって行きます。

100%を超えた部分を空き家率とも言います。現在の日本の空き家率は13.5%です。割合で見ると少なく見えますが、総世帯数にかけ合わせてみますと、実に7,022,079世帯。700万件を超える空き家が日本に存在するわけですね。

ご存知のように、日本の家は1日でも人が住むと、その価値は半減します。(日本人はまっさらなモノが好きですね)

もし、なんでもいいから家が欲しいという事だけであれば、無理に新築住宅を建てずとも、超買い手市場状態の700万件ある中古住宅に目を向けた方が賢明と言えます。

 

しかし、日本政府は未だに新築住宅に対する優遇措置を続けております。住宅ローン減税、高性能住宅に対する補助金、固定資産税の減税、ローン金利の割引、等々住宅を建てる方が受けられる恩恵はとても大きいです。

なぜ、700万件もの空き家があるこの時代に、新築を建てる事を推奨するのでしょうか。

 

大きく分けて2つの意味があります。

一つは経済対策。家は言わずもがな高額商品であり、1件家を建てた際の経済効果はそれなりにあります。地域の経済を潤す起爆剤として、家を買うという大きな消費行動をとってほしい。その為に補助金を出すというものです。

そしてもう一つは、国民のQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)向上の為です。戦後、家不足の時代において建てられてきた量産型住宅は、家の形をしているものの、耐久性、耐震性、健康性、省エネ性、どれをとっても世界に誇れるレベルの物ではなく(耐震性については日本独自の事情もありますが)日本人は自宅においてとても貧しい生活を送ってきました。厄介なのはそれが無自覚であるという事です。海外勤務の長い方などが日本に帰ってきた際、外国のような家、外国のような暮らしを求めて家づくりをするのは、海外の家に住むと、どんなに快適で豊かに暮らせるのかを体験してしまっているからです。

 

1つ目の経済対策については、一部とても残念な現状があります。資金の地域外流出です。家を建てるのは、その地域の人でありますが、家を建てる仕事をする人や家を建てる材料が地域の人や物でなかった場合、お金は地域に残る事がありません。

3000万円の家を建てた金額のうち、500万円も地域には残らず、大都市や海外にお金が流れて行ってしまう事も珍しくありません。本社が東京にある会社や、主要建材が輸入品であったりすると、そうなってしまいます。住宅は個人の資産なので、それが違法というわけではありませんが、地方再生につながれと思ってやっている住宅政策が空振りになってしまうのはとても残念です。特に地方自治体に置いて、住宅という大きな消費行動が自分たちの町の役に立たないという事は、税制的にも大きなダメージを受けます。

本社が地元に無い、量産型のメーカーで家を建てるのはもうどうしようもないとして、せめて地域の工務店で家を建てようとしている人のお金を地域の為に役立てる努力をするのが私たち工務店のできる事ではないかと思います。建材の地域産材化に取り組み、人材の地域産化に取り組む。その結果、地域の経済が回り始め、地域が豊かになり、家を建てた人の子供たちの仕事が地域に残るようになるわけです。

地域外に出て行くお金を減らそう.jpg

住まいから地域を豊かにする。いつも私が心がけ、そして周りに対しても発信している事ですが、そんな背景があっての事です。

 

QOLについてはまた次の更新で書いていきたいと思います。

住む人の生き方に関わるとても大切な部分ですね。

専務ブログ

17.06.09

12時間の省エネ講習

6/8、6/9の2日間、岐阜県立国際たくみアカデミーにて、エネルギーと住宅というテーマでの講習会をさせていただきました。合計12時間の持ち時間をいただき、講演内容はこちらにお任せというものでした。岐阜県が推進する省エネルギー住宅普及の為の事業の一環でしたが、さすがに疲れました。

2017-06-08 16.55.38.jpg

県内企業の新入社員研修として、また岐阜県建築士会の案内を見て、各方面の方にご参加いただけました。内容は、いつも私が取り組んでいる省エネ設計の考え方やアプローチについてのお話しです。

2017-06-08 16.54.40.jpg

今はどこの会社も高気密高断熱、暖かくて涼しい、健康な住まいを作っていると謳っています。しかし、本当にきちんと分かって省エネルギー住宅を建てている人は意外と少なく、大なり小なり間違えている部分があります。また、なぜ省エネルギー住宅を建てなくてはならないのかという問いに対し、明確に答えられる人も意外と少なく、やはり、対応に追われて省エネルギー住宅に取り組んでいたり、流行りものだからという理由で取り組んでいたりします。今回の講座に限らず、私が一貫してプロの方にお話をするのは、高性能な住宅をエンドユーザーに対して正しく、分かり易く伝える事の大切さです。

2017-06-09 10.11.51.jpg

正しく、とはどういう事でしょうか。住宅が省エネルギーになっているかどうかという点では、作り手、そして住まい手の皆さんは、実は毎月レポートを受け取っています。電気代、ガス代、灯油代、水道代は、省エネ指数を測る一つの指標ですが、どんな事をどのくらいやれば、トータルで光熱費が減るのか、それを正確に理解していることを省エネルギー住宅を正しく理解している事だといつもお伝えしております。住宅の省エネルギー性能に対して300万円の予算を掛けるとするならば、太陽光の優先順位はどの程度のものか、熱交換換気は何番目に来るのか、断熱強化をしたい場合、壁なのか、屋根なのか、窓なのか、そういうことをコストパフォーマンスの高い順に自信を持って並べられる設計者が、世の中にどのくらいいるでしょう。自信を持って並べたものの根拠を住まい手に分かり易くプレゼンできる人がどのくらいいるのでしょうか。

今回の講座は、それぞれの項目に対して、設計者が間違えやすい事をきちんと数字で比べて理解をしていただくというものでした。住宅設計をやっている人ばかりではありませんので、それぞれの専門分野において必要な性能数値の計算の仕方をお伝えしてきました。

2017-06-09 16.55.00.jpg

水道の配管メーカーさんの新入社員さんが来ておられましたので、給湯配管から逃げる熱の計算の仕方をレクチャー致しました。給湯配管に断熱被覆をこの位やって、こういう条件で使うと、熱ロスは年間2万円抑えることができる。配管材料が20万円高かったとしても、10年で元が取れ、後は永く使えば使うほどお得になるんですねー。などなど、最終的に金額で表す事で、熱量の単位などに慣れ親しんでいない人でもすぐに理解することができます。

2017-06-09 14.37.25.jpg

眠くなる午後の時間はなるべく席を立って体験してもらうようにしております。やっぱり人間、ごはんを食べると眠くなりますからね。岐阜高専やたくみアカデミーの学生さんが寝ている時はそのままそっとしておくのですが、社会人の皆さんは後で上司にレポートの提出などがあります。私にも少しだけ、寝かせておけない責任が発生するのですね(笑)

2017-06-09 16.06.40.jpg

そして最後は、なんと修了式がありました。県主催の公開講座って、そうなんですね。

2日間、どっと疲れましたが、やり切った感もいっぱいです。講座を聞いていただいた皆さんが、これからの設計業務や会社での仕事に、何かで活かしていただける事を、とてもとても期待しております。

皆さん大変お疲れ様でした!

専務ブログ

17.06.05

陽の当たらない家

昨日、一昨日と内覧会を開催させていただきました。

各務原市新鵜沼台のおうちです。

最高の天気に恵まれ、快晴の空の下での開催でした。

 

さて、表題の「陽の当たらない家」ですが、今の時期、太陽の光は家の中に熱を運んでくる、厄介者です。できれば9月いっぱいくらいまでは、家の中に太陽の光は入って来てほしくありません。

なので、今回の家も、夏、冬それぞれの季節において、一番よくなるように、庇の出幅や高さを調整しております。写真を見ていただきますと、太陽の光が丁度南側の窓を避けて差し込んでいるのが分かると思います。

HEAT20のG1グレード相当を持つ高性能住宅です。

温熱環境や、冷暖房費を設計する前からシミュレートし、断熱材と建物形状を総合して、最も生涯コストが安くなるように設計を致しました。

_MG_2439.jpg

家の中から見るとこんな感じです。外はとてもいい天気で、陽がさんさんと降り注いでおりますが、直射日光は完全にカットです。

_MG_2446.jpg

熱エネルギーの高い直射日光は入ってきませんが、地面からの反射光は入って来てくれます。なので、家の中はとっても明るいんですね。

_MG_2456.jpg

そして、夕方になると、太陽は西に回り込んできます。キッチンの小窓や北側の窓から差し込む光が家の中を少し哀愁漂う落ち着いた雰囲気にしてくれます。

これが大きな開口ですと、こちらがイラっとするような熱射が入って来てしまいます。小さめが丁度いいんですね。

DSC_0701.JPG

この2日間、本当に快晴のいい天気でしたが、エアコンを取り付けることもなく、とても快適に内覧会を開催できました。

ロフトの空間も「暑い」と感じた人は誰もいませんでした。普通はこの位日射があると、小屋裏空間は灼熱なんですよね。

 

お施主様のお友達の沢山集まってこられる、とても和やかな内覧会になりました。

 

ご来場いただいた皆様、そして何より開催を快く承諾していただきましたT様。ありがとうございました。

 

 

専務ブログ

17.06.02

家を買って老後破綻を防ぐ

前回の続きになります。

老後破綻が取り沙汰されるようになりました。人生の計画において、老後破綻を防ぐためにはお金に対するリテラシーが必要ですよねというお話をさせていただきました。

 

注意すべきは短期的に大きな支出よりも、長期的にかかる小さな支出ですという話をしました。

下の図は日本人の一生で使われるお金の動きを描いたグラフです。(ソニー生命より拝借)青色が家を買うお金。オレンジ色が生活の為に使うお金です。(水道光熱費含む)

ライフプラン.jpg

 

毎月の手取り収入において、3割くらいが住宅ローン、3割くらいが生活費、残りが教育費というようなイメージですが、住宅ローンは長くても35年で終わるのに対し、生活費は死ぬまで続きます。

住宅は単体で見ると一生のうちで一番高い買い物になりますが、一生で使うお金のうち、住宅単体に掛けるお金を比率で表すと、10%~15%程です。

生涯賃金3億円の世帯ですと、家に掛けるのは3000万円~4500万円という事になります。それ以外にも水道光熱費や修繕、維持管理に諸々必要になり、平均で1世帯当たり8000万円の生涯費用が掛かるのです。

 

生涯に使うお金3億円、そのうち「住む」という事に掛けるお金は8000万円。そして住宅単体に掛けるお金は3000万円という事になるわけですね。

スクリーンショット 2017-06-02 16.11.54.jpg

 

ここからがブログの本題になっていきます。

実は、住宅の良し悪しは、家を建てた後、買った後に掛かってくる生涯コストに大きく影響します。防水性の悪い家は、早期に雨漏りを起こします。防湿設計のおかしい建物は壁体内結露が家を蝕み始めます。断熱性の弱い建物は光熱費をいくらかけても暖かくなりません。低い温度で生活をすると各種疾患に襲われ、医療費が掛かります。今後、日本人は1世帯当たり生涯コストで4000万円を裕に超える金額が掛かってきます。エネルギーコストも3000万円前後のお金が掛かります。休日に安らげないような悪い環境の家を建ててしまうと、特に用事が無くても暑いから、寒いから家にいたくない。じゃあイオンに遊びに行こうとなり、結局使わなくても良いお金を使うようになります。

最初に良い家さえ建てておけば、後々使わなくても良くなるお金は何千万円にも上ります。生涯コストで、使わなくても良いお金が1000万円できれば何ができるでしょう。

自分たち世代のみならず、自分たちの子供世代までずっと使える家を建てる事が出来たならば、住宅ローンを組まなくても良い子供たちはもっと人生を豊かに過ごすことができるのではないでしょうか。

 

元々日本人は長期的な目線に立った考え方をするのは苦手ではありませんでした。世界の中でも200年以上続く企業がこんなにも沢山あるのは日本くらいのものです。しかし、戦争が終わり、焼野原から短期間で国土全体を作り変える作業を行ううちに、スクラップ&ビルドのサイクルを早める事だけが国を豊かに出来るという考え方が一般化してしまいました。時期が来たらきちんと壊れる製品を作る。住宅においても、未だに殆どの会社がその意識から抜け出せておりません。いくら長期優良住宅とは言え、給排水管や電線など、主に住宅設備関係の部材がボトルネックとなり、いつかは新築そっくりさんみたいな大規模工事をやらざるを得なくなります。平気で断熱材の中に電線を埋めてしまう工事をする建築会社が当たり前にいます。少し電気の事を勉強したことがある人であれば、電源線の周りに分厚い保温材がある事が如何に恐ろしい事かが分かります。

これ以上日本人には住宅にお金を使ってほしくないというのが私の願いです。それよりも未来の世代に対する教育であったり、文化、教養を高める事であったり、地球環境に対する事であったりにお金を使ってほしいと思います。

老後破綻を防ぐためには、退職後、収入が途絶えて以降の支出をいかに抑えるかという事に尽きると思います。年を取って代謝量が落ちてきますと、身体が熱を作りませんので、寒いと感じます。寒いと免疫力も低下し、医療費がかさむようになります。寒くしないために、暖房をつければ暖房費がかさむようになります。暖房費が掛からず、暖かい家を建てる事は、老後の支出を抑えてくれるという事です。

もし、家を建てるのであれば、どうせ家を建てる事になるのであれば、一生涯を通して、一番家計を助けてくれる家を建てるべきです。

先日、教壇に立たせていただいております岐阜高専で中間テストがありました。建築環境工学、建築設備工学について、その学問の意義を問う記述を学生さんにしていただきましたが、今回のブログテーマにあるような、長期目線の大切さを挙げてくれる学生さんが沢山いました。卒業生はほぼほぼ巨大企業に就職することになってしまうのですが、彼らみたいな人材が住宅業界にもっと増えて行けば、きっと業界は良くなるのになぁと思わずにはいられませんでした。