岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設のスタッフブログ

凰スタッフブログ

専務ブログ

17.07.24

AIに聞いてみた!

AIが日本の問題を浮き彫りにするというNHKスペシャルの番組、、見たかったですね。

AIが政治はじめ、様々な社会問題を解決する可能性はすごく感じておりますし、古くは手塚治虫さんが火の鳥の中でAIのコンピューター同士の戦争を描くなど、人間はその進化にずっと思いを馳せてきたように思います。

ebifitを使っての設計フローも、外皮面積や窓の割合をコンピューター側に指定させる等、少しAI要素も入っているので、親近感が湧きます(笑)

で、各国がAIに政治を委ねるという世の中が来たとして、次のような問題が起こったらAIはどうやって解決しようとするのか、とても興味があります。

地球温暖化が進み、中東やアフリカの干ばつが更に進む。干ばつが進行しない様、温暖化対策をしても効果が出るのは30年後だと算出。川上にある国のAIは国民の生命を守る為、ダムの建設という答えにたどり着く。ダムを建設しないと、10年後までに国民の半数が餓死する見込み。川下のAIは、ダム建設後の水資源量ではこの先10年で国民の半数が餓死すると算出。川上の国にダム建設中止の依頼をしたり、周りの国に難民申請をしたりするも、周りの国も余裕がなく受け入れ拒否。
川下の国のAIは黙っていても国民の半数が死んでしまうのであれば、国民の半数までの戦力を割いて、隣の国に戦争を仕掛けたほうが、国民が生き残る数を増やせると判断し、「戦争をせよ」という判断を下す。もし、双方の国民が戦争で人口半減すれば、ダムを建設せずとも両国ともやっていける。

勿論、世の中の問題はそんな単純ではなくもっと多様な解決があると思いますが、人命を天秤にかけるような判断を必要とする場合、AIはどのような結論を出すのでしょう。人の命の重みを平等に扱うのか、重みに差をつけるのか、うーん、気になります。

500年続くお寺の住職さんに聞いたお話しですが、飢饉が続いた年の住民台帳を紐解くと、極限状態においては、家族のうち、まずお嫁さんが最初に死に、次にお年よりが亡くなる。そして家の主人が亡くなり、最後に子供が死んで一家が絶えるというのが一般的なパターンなのだそうです。色々な想像をして、深く考えさせられましたが、AIだとどのような答えを出すのでしょうか。

AIの進化に目が離せませんね。

専務ブログ

17.07.17

換気と断熱、どちらが優先か

暑くなってきたり寒くなってきたりしますと、家を建てるお客様も「性能の良い家」が欲しくなるようで、凰建設に来場されるお客様からも、夏に涼しい家にしたいという要望をよく聞くようになりました。

 

住宅の性能を上げるために、断熱材の強化、換気ロスの低減などが有効です。では、岐阜県愛知県あたりで建てる一般的な住宅の場合、断熱を強化することと、換気負荷を低減する事、どちらがどのくらい効果のある対策なのか、ご存知でしょうか。

実はこれ、プロの建築業者さんでも、よく間違えている人の多い質問です。住宅の場合、断熱部分から逃げていく熱が圧倒的に多く、家が寒くなったり暑くなる原因の8割以上は、断熱によるものです。

オフィスビルや公共建築などでは、換気負荷の方が大きくなったりすることもしばしばありますので、余計に間違えやすいという事ですね。

断熱もそこそこに、換気の熱交換効率を上げていくという、とんでもない建物が多く散見することからも、業界内にもまだまだ浸透していないなと感じた次第です。

何で熱が逃げるか.jpg

実際に計算をしてみると、U値が0.3を切るくらいまでは、わき目も降らずに断熱材を厚くする事だけに力を入れた方が、名実共に省エネな家になっていきます。是非、正しい知識を基に、用法、用量を守った賢い省エネ住宅を建てていただきたいと思います。

専務ブログ

17.07.09

一番いい断熱材

お客さんに聞かれる質問で、よくあるのが、「どんな断熱材がいいのでしょうか?」というものです。

なるほど、確かに家づくりの本を見てみると、断熱材については色々な言及があり、どの断熱材も良い点、悪い点があり、結局どれがいいのか分からなくなってしまいます。

これ、結論からすると「何でもいい」なんですよね。繊維系は繊維系の特徴があるし、発泡系は発泡系の特徴があり、それは良い方にも悪い方にも作用します。

すき焼きは冬に食べるには暖かくて良いですが、夏に食べようと思うとちょっと暑苦しいですよね。

風邪ひいたときには消化の良いお粥を食べると良いですが、健康な時には物足りないですよね。

ゴーヤーチャンプルーが好きな人もいれば苦くて食べられない人もいます。

断熱材に限らずですが、どれが一番いいかを考えるのではなく、どの断熱材が、自分の理想の暮らしと建てる場所の特徴に合っているかを見極める事が大切です。

ユーザーの評価を見ても、どういう断熱材を使った家でも、暖かいという人もいれば寒いという人もいて、何が最高かは決められません。

もし、何が最高かの結論が出ているのであれば、そもそも世の中にこんなにたくさんの種類の断熱材がある事自体がおかしい事になってしまいます。

 

なので、それぞれの断熱材の特徴をしっかりと捉えることが大切です。

断熱材に求められる性能は

・断熱性(繊維系が低く、発泡系は高いです)

・透湿抵抗性(繊維系は低く、発泡系は高いいです)

・熱容量(繊維系が低く、発泡系が高いです)

・耐火性(繊維系が高く、発泡系は低いですが、これは外部外張り断熱部分に使う断熱材で求められる項目です)

・価格(繊維系が安く、発泡系は高いです)

この特徴を踏まえて、家の充填部分に使う断熱材、外張り部分に使う断熱材を考えることが大切です。

 

例えば、敷地の余裕がない所ですと、壁の厚みをなるべく薄くしたいので、断熱性能の高い発泡系を中心に組み立てるなど、

 

その土地、その家族、その建物に合った断熱材を使用することが大切です。

そして、どんな断熱材が合っているかどうかをきちんと計算して判断できる設計者に相談することが何より大切です。

少なくとも、壁体の結露計算ができるレベルの設計士さんでないと、断熱材の組み合わせ方が分かりません。

 

自社で計算ができない会社は、いつもやっている決まったやり方以外の壁体構造は出来ません。

そういう会社さんは、「この断熱材が最高なんです」という説明の仕方をするしかないのです。

 

凰建設も、デフォルトの断熱構造はあります。しかし、お客様一人ひとりの状況に合わせて、少しずつカスタマイズをしていきます。

 

「この断熱材を使ってください」という依頼を頂くこともありますが、ほとんどのお客様はその断熱材が自分にとって合っているものなのか、合っていないものなのかを分かったうえで話しているわけではありません。

料理で例えると、シェフに、「ジャガイモを使った料理を作ってください」と頼んでいる感じでしょうか。その人の食べる目的が「ジャガイモを食べる事」であればそれでいいのでしょうが、そうではなく、「美味しいものを食べたい」がより根底の要望だと思います。

あなたは、その断熱材を使った家に住みたいのでしょうか?それとも、健康で快適な家に住みたいのでしょうか?多くの方は後者だと思います。前者に該当するのは断熱材メーカーの社員さんくらいです。

なので、凰建設にご依頼を頂くのであれば、できれば断熱材の種類にはあまりこだわらないでください。私たちは、特定の断熱材を売りたいわけではありません。より、そのお客様一人ひとりに合った、最適な環境の家を提供したいのです。

専務ブログ

17.06.28

お客様からの手紙

6月最初にお引き渡しをさせていただきましたお客様より、お手紙を頂きました。

HPに載せても良いと許可を頂きましたので、ご紹介をさせていただきます。

_DSC1157.JPG

家を建てる際、その動機やこだわりは人それぞれです。お話を聞いていく中で、譲れる条件と譲れない条件が出てきます。

譲れない条件が浮き彫りになった際、それがとても難しい事で、普通の建築業者では対応ができなかったとしたら、それが「できる」建築業者を探す事がとても大変になります。

今回は「音」の問題でのご相談でした。

建築環境において、「音」は取り扱う要素の一つであり、部屋のつくり方である程度のコントロールができます。

2017-06-28 08.35.34.jpg

プロとして、お客様のご要望にお応えできた事が今回は自分でも嬉しかったことです。

 

そしてもう一つ、お手紙の後半は、私の嫁さんに宛てていただいたものでした。

家を建てる方の殆どがお子様連れでお越しになられます。打ち合わせ中、できる限り、お子様をお預かりして、ご夫婦が打ち合わせに集中していただけるように致しますが、その際お預かりさせていただくのが、元幼稚園教諭の私の嫁さんでした。

2017-06-27 17.03.29.jpg

殆ど表に出ない、影のスタッフではありますが、こうしてお手紙を頂くことで、彼女の支えが大きかったんだなと、私も感じる事ができました。

T様、お手紙ありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

専務ブログ

17.06.26

お客さんには後で沢山お金を貰えばいい

「ビジネスモデル」という言葉があります。どうやって収益をあげるかという仕組みの事ですが、世の中が複雑になってきましたので、消費者からするとお金を払っている感覚が非常に薄いものがよく儲かる仕組みになっていたり、費用が大きな負担だと感じにくくする仕組みになっていたり、一般消費者は上手く搾取されてしまうような社会構造になってしまっております。

 

よくある例でいえば、スポーツや格闘技の興行収益は、チケットを払っているお客さんからもらうのではなく、「お客さんが集まる」という価値に対してお金を払う広告スポンサーからもらうものであったり、車や家などの大きな買い物は、一括で払うのではなく、細かく分けた住宅ローンにして払っていただくという事です。

 

今日のブログの本題ですが、今のビジネスモデルは、ほぼほぼ例外なく、「入口を低くして、後からお金を貰う」という仕組みになっております。携帯電話は他社から乗り換える時はこれでもかという特典が付いてきますが、契約したら2年間は解約できない仕組みです。プリンターやオフィスの複合機は本体価格をぐっと抑えて、消耗品であるインクで利益を出す。昔はゲームはソフトを買ってきたら後は遊び倒したもの勝ちでしたが、今は課金し続けないと勝てない仕組みです。パソコンソフトもパッケージ販売ではなく、月額使用料になったものが多いです。

 

では住宅業界はどうか。

勿論、「後からお客さんに沢山払って貰おう」方式でやっている会社が殆どです。メーカーは、後からお金をかけてもらえる商品の開発に余念がありませんし、建築業者は住宅を構成する素材を選ぶ際、それとなく、それとなく、後からお金が掛かるようにアドバイスをすることも多いです。お客様にとっては、後からお金が掛かる商品の方が魅力的に見えるように業界全体でゆるゆると誘導されているのですから、やっぱり、後からお金のかかる商品を選んでしまいがちです。

これが、家で無ければ、私は後からお金のかかる商品を選んでしまってもいいと思うのです。携帯電話は失敗したなと思っても、2年です。車なら10年。でも、家は後からお金のかかる仕組みに引っかかってしまうと、少なくとも35年、多くの方にとっては一生後悔し続ける事になります。

今日は住宅業界の中でも星の数ほどある、後からお金のかかる商品を選んでしまう例の1つをご紹介させていただきます。

まずは、トイレです。

タンクレストイレ.jpg

こちらは人気のタンクレストイレ。シャープな印象で、「新築と言えば、タンクレストイレでしょう!」と、多くの方がこちらを選びます。

タンク付きトイレ.jpg

そしてこちらがタンク付きトイレ、普通ですね。当初の金額の違いは5万円ほど。まあ、そのくらいの値段差であればと、タンクレストイレを選ばれる人も多いです。

 

ここで、メーカーの人も、建築会社の人も、殆ど言わないのが、この選択が将来どのような差を生むのかという事です。

 

トイレで一番最初に壊れるのは、ウォッシュレットです。じゃあ、ウォッシュレットが壊れたらどうなるのでしょうか。

 

タンク無しトイレ、タンク付きトイレと呼びましたが、TOTOさんの場合、正式名称は「ウォッシュレット一体型便器(タンク無しトイレ)」と、「組み合わせ便器(タンク付きトイレ)」となっております。

タンク無しトイレは、全部一体型(だからすっきり)です。タンク付きトイレは、タンクと、便器と、便座(ウォッシュレット)がそれぞれ別れています。なので、タンク付きトイレの場合は、ウォッシュレットだけ交換。タンク無しトイレの場合は、全部交換となります。

メーカーさんは、部品を取りおいてますから大丈夫ですよ。と言いますが、メーカーの部品は製品のリニューアルから大体7年くらいで、在庫が破棄になってしまいます。その後は、せっかく一体型ですっきり見えていたのに、新しい方のアンバランスなウォッシュレットを我慢して使うか、もしくはそれすらできずに、便器ごと交換になる事もあります。

家に50年住むとして、10年おきに25万円のタンク無しトイレ交換費用が発生すると、約100万円の総費用が掛かります。それが、10万円の便座交換だけで済むのであれば約40万円です。

だからこそ、メーカーや建築会社は、タンク無しトイレを勧めてくるのですね。勿論、悪い商品ではありませんが、私は一貫して、タンク付きの方がいいですよ。あとでお金が掛かりませんよ。とお伝えしてきました。家を建てる時、私は優先順位として、生涯コストで考えた時に、お客様が一番お金を使わずに済むものを一番上に持ってきます。

お客さんには後で沢山お金を貰えばいい

家づくりにおいて、この考え方が世の中で当たり前になると、日本人はいつまで経っても、住宅にお金を払い続ける暮らしをしていかねばなりません。

日本は建設業の就業者数が海外に比べて多いです。似たようなGDP規模のドイツと比べると、ドイツは250万人(2006年)に対し、日本は500万人(2016年)です。この500万人の仕事を守るために、耐久性の低いものをどんどんと作り続けていくのは本当に国益につながるのでしょうか。

家を売る側にたっている私たちは、これからの時代道を誤ると、社会の癌になりかねません。その家を建てる事で、まちや地域、ひいては国が豊かになるのか、それとも衰退するのか、よく考えて仕事をしていかねばならないと思います。