岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設のスタッフブログ

凰スタッフブログ

森 亨介

18.01.12
コメント:(0)件

凰建設の家では湿度40%~60%にこだわらないで

冬になると気になるのがインフルエンザですね。

インフルエンザ予防のために加湿をしましょうと、よく言われます。

加湿器の湿度設定は多くの商品で50%~70%となっております。

凰建設の家で初めての冬を迎える方も、乾燥を気にして加湿器を購入される方がいらっしゃいます。

 

でも、ちょっと待ってください。

 

実は、暖かい家で50%や70%の湿度にしてしまうと、家の中の湿度が高すぎになってしまっている可能性があるんです。

通常、私たちが湿度の単位にしているのは相対湿度といって、%で表示するものです。

しかし、建築環境工学上、より多く使われるのは絶対湿度といい、g/kgDAや、g/㎥、kg/kgDAという聞きなれない単位で表されます。

小学校の理科の時間に塩水を作る実験をしたと思います。水に塩を入れていくと、ある量からはそれ以上塩が溶けなくなりますが、水を温め、温度を上げていくと、更に塩が溶ける様になりました。

実は空気中の水分も同じことが起こっており、温度が高いと、より沢山、水を含むことができる。

30度の空気が70%の湿度なのと、10℃の空気が70%なのでは、空気が含んでいる水の量には大きな差があるという事ですね。

空気線図(補間表作成用).jpg

※クリックで大きくなります。

 

これは空気線図と呼ばれる、温度と湿度の相関関係を表す図です。

2017年の岐阜市実績より、例えば冬、1/24日の10時は1.96g/kgという、空気がカラカラに乾いている状況でした。

そして半年後の夏、7/26日の夜10時は、21.96g/kgという、非常に湿った空気の夜でした。

一年の間に、こんなにも絶対湿度差があるのですね。

で、冬のインフルエンザ対策の話になりますが、

こんなサイトがあります。

実はインフルエンザ予防にも、絶対湿度はとても大きく関係してきているのですね。

サイトの中で7g/㎥の絶対湿度であればインフルエンザの生存率は17%と言われております。

更に加湿するに越したことはないのですが、私としては、この7g/㎥(5.8g/kg)を基準に考えても良いと思います。

ここで、例えば室内気温が13℃の部屋があった場合、5.8g/kgまで水蒸気量を持っていくとなると、70%の相対湿度でないといけない事になります。

ところが、室温が20℃の部屋であった場合、40%まで加湿してあげれば5.8g/kgの水蒸気量になります。(図中オレンジライン参照)

 

絶対湿度の概念を理解して、効果的なインフルエンザ対策を行っていきたいですね。

凰建設の家では、冬場の室内は20℃40%を目安に過ごしてくださいませ。

 

コメントする