岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設のスタッフブログ

凰スタッフブログ

瀬尾 あゆみ

18.10.19
コメント:(0)件

西洋館巡り

こんにちは!
風は冷たくなりましたが、相変わらず日差しは強いですね。
風邪も流行ってきているようです。
みなさま、体調の変化には十分お気をつけ下さいませconfident

ところで、
先日、用事があり横浜まで行ってきました。
空いた時間があったので、洋館巡りをして参りました。
せっかく来たのだから!と、あっちこっち歩き回りましたよ。

横浜山手地区には、見学することができる洋館建築がいくつかあります。
それも入館料はほとんど無料です!ありがたいことです。

スタートはこちら。

PA074069.JPG

坂を上った、見晴らしの良いこの高台に移築復元された外国人住宅ですが、
外観からも、当時の建築の特徴が見てとれます。
色づかいなども、日本の感性とは違うので勉強になります。

続いて、こちらは当時の外交官の住まいとして建てられた建物です。
住んでいたのは日本の方のようですが、設計者はアメリカの方です。

PA074084.JPG

内装には、現在、女性にも人気のアーチ型開口が用いられていました。
装飾部材との距離が近いかな~と少し気になりましたが、
間口とのバランスが良いですね。
他の見学者さんもたくさんみえたので、寸法を測ることは遠慮しました。
外国の方の身長も考慮されて設計されているんだろうな、と思います。

こちらは、日本でも名の知れた建築家、
アントニン・レーモンドさんに設計された建物です。

PA074098.JPG

景色とのバランスも良く、日本ではないみたいですね。

最初の建物もそうですが、
山手地区に建っている洋館建築はブリティッシュ風が多いように思いました。
恐らく、当時の外交との関係もあるのでしょうか。

それぞれの建物内には様々な資料や展示があり、
ドアノブなど内装部品の展示がされているコーナーもありました。

PA074105.JPG

洋風の建物に使われる小物にはアイアンやガラス製品のイメージがありますが、
やはり当時からガラス製のドアノブが使用されていたんですね。

最後はこちら。

PA074139.JPG

ここまでご紹介した洋館とは少しイメージが変わり、
スパニッシュ風のデザインです。赤い瓦と白い壁が特徴的ですね。
ここの外観にもアーチ型開口が用いられていますが、
これがあるのとないのとでも見た目のイメージはきっと大きく変わります。
門扉やフェンスまでトータルにデザインされている感じが素敵ですね。

今回は街歩きをしながら8つの西洋館を巡り、目を養ってきました。
仕事に生かしていきたいです!

コメントする