岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設のスタッフブログ

凰スタッフブログ

森 亨介

16.12.13
コメント:(0)件

webコラム 続いております。

以前のブログで告知させていただきました、私が担当する住宅業界向け新聞、「新建ハウジング」様の

DIGITAL版サイトのウェブコラムですが、すっかりこちらで告知することを忘れておりました。

私個人のフェイスブックではその都度記事をシェアさせていただいておりましたのですが、、、

 

ちょっと遅れましての告知となりますが、私がどのような事を業界に向けて発信してきたのかを

お伝えできればと思います。

 

二回目のコラムは性能をお金に換算するというテーマで書かせていただきました。

 

凰建設は性能の高い住宅を作っております。車で置き換えると、燃費の良いものを作っていると言えます。

 

燃費はガソリン1L当たりその車が何km走れるかという指標ですが、

住宅の場合は大変分かりにくく、床面積1㎡、温度差1℃当たり、何wの熱がその家から逃げていくのかという指標です。

なかなか馴染みのない単位ばかりなので、これが良いと何になるのか。非常にイメージが付きにくいです。

 

それを、「お金」という単位に直してあげることで、少しでも分かり易くすることができますので、

そのやり方を全国の住宅設計をする人は覚えた方がいいですよという趣旨です。

 

性能数値を2.0下げることが出来れば、25年間でおよそ165万円、50年間でおよそ330万円の冷暖房費が違ってきます。

かんたんワークシート.jpg

こういう計算を、家を設計する前にその家族、その地域に合わせて行ってから間取りに入るのと、

ただただ漫然と間取りを考えるのでは、住んだ後の感想に雲泥の差ができてしまいます。

 

凰建設では、より細かい、あなたの家族だけの為のシミュレーションを行ってから、家づくりに進みます。

 

実は、こういう方法で家の設計を進めるやり方は、凰建設が発祥です。

その為のシミュレーションソフトを自作し、他の会社様に販売することで、こういう設計手法を広める活動も行っております。

 

これからの家づくりにおいて、性能を先に押さえておくことは必須と言えます。

 

どうせ性能の高い住宅を作るのであれば、最高の知識と技術を!と今までやってきたことが

次第に世の中に認めていただけているようで、嬉しくもあります。

 

後悔しない家づくりの為に、是非、先に必要な性能を知り、それを押さえたプランを作る。

凰建設ではどなたでもこのシミュレーションを行っていただけます。

 

ご興味のある方は是非お問合せフォームから、ご相談くださいませ。

コメントする