岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設のスタッフブログ

凰スタッフブログ

森 亨介

17.06.05
コメント:(2)件

陽の当たらない家

昨日、一昨日と内覧会を開催させていただきました。

各務原市新鵜沼台のおうちです。

最高の天気に恵まれ、快晴の空の下での開催でした。

 

さて、表題の「陽の当たらない家」ですが、今の時期、太陽の光は家の中に熱を運んでくる、厄介者です。できれば9月いっぱいくらいまでは、家の中に太陽の光は入って来てほしくありません。

なので、今回の家も、夏、冬それぞれの季節において、一番よくなるように、庇の出幅や高さを調整しております。写真を見ていただきますと、太陽の光が丁度南側の窓を避けて差し込んでいるのが分かると思います。

HEAT20のG1グレード相当を持つ高性能住宅です。

温熱環境や、冷暖房費を設計する前からシミュレートし、断熱材と建物形状を総合して、最も生涯コストが安くなるように設計を致しました。

_MG_2439.jpg

家の中から見るとこんな感じです。外はとてもいい天気で、陽がさんさんと降り注いでおりますが、直射日光は完全にカットです。

_MG_2446.jpg

熱エネルギーの高い直射日光は入ってきませんが、地面からの反射光は入って来てくれます。なので、家の中はとっても明るいんですね。

_MG_2456.jpg

そして、夕方になると、太陽は西に回り込んできます。キッチンの小窓や北側の窓から差し込む光が家の中を少し哀愁漂う落ち着いた雰囲気にしてくれます。

これが大きな開口ですと、こちらがイラっとするような熱射が入って来てしまいます。小さめが丁度いいんですね。

DSC_0701.JPG

この2日間、本当に快晴のいい天気でしたが、エアコンを取り付けることもなく、とても快適に内覧会を開催できました。

ロフトの空間も「暑い」と感じた人は誰もいませんでした。普通はこの位日射があると、小屋裏空間は灼熱なんですよね。

 

お施主様のお友達の沢山集まってこられる、とても和やかな内覧会になりました。

 

ご来場いただいた皆様、そして何より開催を快く承諾していただきましたT様。ありがとうございました。

 

 

コメント(2)

素敵な家を建ててくださり、本当にありがとうございます。まだ家が建つ前に太陽の動きをよみ、建物の位置、地面からの高さはこれくらいがよいですと説明され、そんなことができるのかとびっくりしたのを覚えています。とりあえず建てた南向きの家ではなく、きちんとした裏付けのもと設計された我が家は自慢の我が家です!夏は涼しく、冬は温かく、を一日も早く実感したいです。わくわくが止まらず、引っ越しの荷造りがなかなか進みませんが。。。引き渡しを楽しみにしております。

コメントありがとうございます。これだけ南に正対した敷地ですので、その特徴を十二分に活かしたものをと思い、設計させていただきました。お引越しが楽しみですね。是非、一年を通して快適な生活を送っていただけたらと思います。これからも長いお付き合いになります。どうぞよろしくお願いいたします。

コメントする