岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設のスタッフブログ

凰スタッフブログ

服部 隼大

19.06.18

大工さんの手仕事

こんにちは。

6月に入り、また続々と新築工事がスタートしていこうとしています。

一日一日が忙しく、充実の毎日を過ごしております!

さて、美濃加茂のY様邸では、現在造作工事が行われており、内装が着々と完成しております。

先週材料の拾い出しと、ユニットバスの設置の状態を確認するために現場に行ってきました。

 

s-815.jpg

s-816.jpg

写真はその時の造作工事の様子です。

松本棟梁が鑿で木材の加工をしているところでした。なんとも渋くてかっこいい姿だったので、思わず写真を撮ってしまいました!武士のような風格がありますね!

大工さんは電動機械などなかった時代は、すべての木材をこうしてノコギリ、鉋、鑿等で加工をしていたのですね!

 

松本棟梁はとても丁寧な仕事をするだけでなく、現場も現場の混合のゴミのコンテナまで全て綺麗にしていますので、現場に行くたびに感動させられております。

道具もしっかりと手入れが施してあり、刃物も切れるように常に研いでありました!

s-818.jpg

作業中にも関わらず道具も常に綺麗に整頓されています。

作業中道具を綺麗にすることは、道具を探す手間も省け、早い作業ができることにも繋がりますね!

大工さんの道具を見ると、その大工さんの腕がわかると聞いたことがありますが、この道具を見るだけでまさに腕の良い大工さんだとわかりますね!

 

服部 隼大

19.06.04

2級建築士の勉強

こんにちは!

 

最近は暑い日が続き、北海道の方では記録的な暑さになっていましたね。

 

 

 

 

 

さて、私は現在2級建築士という資格のために日曜日は資格学校に行き勉強をしております。

2級建築士は、1次試験は、建築計画、建築法規、建築施工、建築構造と4つの科目に分かれており、それぞれの科目で合格点を出さなければ、2次試験には、進めません。

 

 

 

とても難しい試験なので、毎日仕事から帰って勉強をしようと思うのですが、自分の現場の事、お客様のことで頭が一杯になっていて、自分が思っているように勉強ができない現状です…。

 

 

特に建築法規には、様々な法律のようなルールがあり、建築関係法令集という分厚い本を使って勉強していきます。

 

 

 

 

s-705.jpg

ティッシュの箱より少し厚いですね…。

 

 

 

 

 

 

この分厚い本の中にたくさんの法律があり、設計士の方がこのルールを守りつつ設計をしているわけです。

建築の弁護士のような存在ですね!

 

 

 

また、ブログでも実はこんな法律がありますといった紹介ができたらいいなと思っています。

 

今日は、帰って勉強致します。それでは!

 

 

服部 隼大

19.05.14

N様邸トタン張替え工事

こんにちは!

 

ゴールデンウィークが終わり、急に夏のような暑さになってしまいました。

私は、夏が好きなので、いよいよ来たか!といった気持ちで過ごしております。

 

 

さて!

いよいよ今週ゴールデンウィーク前から段取りしておりました、岐阜市のN様邸のトタンの現場が始まりました。

 

 

s-372.jpg

 

施工前の写真はこのような状態でした。

トタンの種類が違うので、茶色の既存のトタンの色に合わせて、張替えをしてほしいとのご要望でした。

 

 

 

 

 

 

 

s-376.jpg

これは、解体工事が終わったときの様子です。

トタンの中は土壁になっていました。

最近の住宅とはやはり、壁の内部の作りが違いますね。

余談ですが、土壁には、湿度の高いときは、吸湿。湿度の低いときには、放湿。をする作用があります。

なので、昔の住宅には、日本のジメジメした夏を乗り越えるために土壁が主流であったということなのです!

 

 

 

 

 

s-371.jpg

 

これが、完成後の写真です。とてもきれいになりました!

 

服部 隼大

19.04.23

見えなくなる所も手を抜かない

こんにちは!

最近暑い日が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

私は、先日4月に入ってから3度目の建方がありましたが、

屋根に上って作業をしていたので、断熱材の照り返しですっかり肌が黒くなってしまいました。

 

そして、先日の建方が終わり、本日は小屋裏に入って、小屋内部を綺麗に掃除しました。

そして断熱欠損が起きてしまわないように、断熱材と断熱材の隙間にウレタンを吹き付けていきます。

 

 

s-148.jpg

 

小屋束と断熱材の間にも隙間を作りません。

 s-149.jpg

ここまで施工し、初めて高い気密、断熱性を発揮できると思います。

 

 

見えなくなってしまう部分にこそ住宅の本当の性能が隠れているということですね!

服部 隼大

19.04.16

初めまして!

こんにちは。

 

初めまして。

4月より現場監督として入社させて頂きました、服部 隼大と申します。

2年間「国際たくみアカデミー」という職業学校で建築の勉強をし、今年度から凰建設(株)に入社いたしました。

今は、上司や先輩に現場へ同行させてもらい、日々現場で勉強をさせていただいてます。

早く一人前の現場監督になれるように頑張ります。これから、宜しくお願い致します。