岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設のスタッフブログ

凰スタッフブログ

森 亨介

17.05.04

プロとして、住まい手の役に立つとはどういうことか

建築業界、とりわけ住宅業界には建築のプロが少ないと常々言っておりますが、じゃあ住宅業界には何がいるのかというと、それは「営業のプロ」です。

家というものは生涯に一度、住まい手の皆さんが人生を掛けて建てるものです。日用品の買い物や車などと比べて「失敗したくない」という思いが強くなるのが消費者心理というものです。

そんな消費者を相手にするわけですので、必然的に、住宅業界は営業競争が激しくなっていきます。お客様の心をつかむ新たな手法やプレゼンなどが、次々に生み出され、そしてそれが「営業ノウハウ」として販売されております。

凰建設にもそういうチラシが毎週どっさりと届きます。

 

こんな感じのやつです。

2746_001.jpg

沢山売って社業を伸ばしたいという気持ちも分かりますし、そういうノウハウを売る事を生業にするコンサルタント的な仕事が成り立つのもよく分かります。

 

しかし、こういう仕事をされている方や、こういうチラシから学ぼうとしている方の価値観は、「如何に売れるか」しかありません。

 

建築基準法ギリギリの建物をとにかくばら撒く。その後その地域や社会がどのような事になるのかなどひとかけらも考えておりません。

チラシの中で全員反対したとされる社員さんたちの方がよほどまともな思考をされていたと思います。

 

こういう価値観の人に、「ヤングケイスウ」であったり「ダンセイゲンカイ」や「ソウゴウネツデンタツリツ」という言葉は全く意味の無いものです。

もっと言えば、基本的な「UA値」「C値」「Q値」「耐震等級」といった言葉も自分には関係の無いものと考えています。

 

建築業界には「お客様の役に立つ」という言葉を「売れる」と置き換えて勘違いしている人がとても多いです。「売れている=お客様の役に立っている」と信じて疑いません。

それもそのはず、70年前に戦争が終わって、日本は「家が足りない」という状況がしばらく続きました。公団の抽選に人が殺到し、我先に家を手に入れようとしていた時代が確かにあったのです。

絶対的に家が足りない時代において、お客様の役に立つとは、とにかく住むための箱を用意する事でした。

そういう世代の価値観が少なからず残っているため、未だに「沢山建てる」事が住宅業界内のステイタスになっております。

 

しかし、今はどうでしょう、空き家率は10%を超え、多くの市町村が「空き家対策」に追われております。

 

その時代その時代において、求められるものは変わってきます。

今は果たして、安かろう悪かろうの家を大量に普及させていく時代でしょうか。

いくら世帯数が増えていくからと言って、人口の減少に入ったこの時代、すぐに先細りすることは目に見えております。

 

今、家を建てるプロに求められているのは、「お客さんを上手に乗せて買ってもらう方法」なのではなく、

「住んだお客さんが生涯を通して、この家で良かった」と思って貰える家を建てるか。

そしてその為の知識を蓄えるのかではないでしょうか。それがプロとして住まい手の役に立つという事だと思います。

 

前述のチラシのセミナーに行くのも、フランチャイズに入会するのも、タダではありません。

企業のお金は全てお客様から頂いた利益の中から出ているものです。

もし、自分が家を建てるのであれば、自分のお金をどのように使ってくれる人に頼みたいでしょうか。

自分や、自分が建てた後のお客さんを上手く説得する事にお金をかけている人に頼みたいでしょうか。

 

それとも王道の、建築に関する知識を身に付ける事にお金をかけている人に頼みたいでしょうか。

 

2017-04-27 19.40.54.jpg

こちらは私が岐阜高専で教えるときに使わせてもらっている教科書です。

2つ合わせて6200円です。

こういうセミナーに一度行くと、30000円以上のお金を払う事になります。

 

どちらのお金も、全て家を建てる人が払っている事になります。

どちらにお金をかけている人に家を頼んだ方が、いい家が建つと思いますでしょうか。

少し例えて言うと、もし自分のお子さんが、次のようなおねだりをしてきたらどうでしょうか。

「学校の勉強で分からないところがあるので参考書を買いたい。5000円欲しい」

「クラスの人気者になる為には最新のスマホが必要だから、20000円欲しい」

絶対前者にお金を渡しますよね。

 

家づくりも同じだと思います。ただし-

売る為の勉強だけをしている人は、中身は無くとも、お客様にとても分かり易く説明をしてくれます。

いい家を建てるための勉強だけしている人は、伝え方は往々にして下手くそです。

 

そこは間違えないでほしいと思います。

 

 

 

 

 

森 亨介

17.05.02

日本人が「住」に掛けるお金

住宅を建てようとする際、全ての人が直面する問題が「お金」にまつわる事です。

果たして、どのくらいお金が掛かるものなのか。

「780万円で家づくり!」というようなものから、「〇〇億円の豪邸」まで千差万別です。

 

建築時の金額が大きなものになる為、どうしても「坪単価」や「本体価格」というものに目が行きがちです。

しかし、実は建築時の価格というのは氷山の一角でしかなく、「住む」という事に関しては他にもっと大きな金額が掛かっているのです。

毎年、統計局や内閣府が調査している統計情報があります。

例えば、内閣府経済社会総合研究所という機関が発表している国民経済計算年次推計という資料があります。

この中には日本国民が何にどのくらいお金を使ったのかという情報が載っております。

平成27年のデータを見てみますと、「住居・電気・ガス・水道」という項目の年間合計が74兆3200億円です。

日本には現在5652万世帯の家庭がありますので、単純に割ると一つの家庭で「住む」事に掛けるお金は年間143万円になります。

平均的な男性が25歳で実家から独立し、81歳まで生きたとすると56年間、自分の家庭を維持することになります。

143万円×56年間で8000万円です。つまり、日本人は住むという事だけで一つの家庭あたり8000万円のお金を使っているというのが日本の現状です。

さらに、住宅に関係のある「家具・家庭用機器・家事サービス」の項目や「保険・医療」の項目「娯楽・レジャー・文化」と「外食・宿泊」を含めると、

実に9000万円に上るお金を日本人は住宅に、もしくは住宅が原因の出費に払っている事になります。

 

ちなみに、総支出額を世帯数で割って、56年を掛けますと、3億1652万円になります。サラリーマンの生涯年収に奥様のパート代を足すとほぼトントンといったところです。

世の中はちゃんと辻褄があうようになっているのですね。

 

 

自動車業界はエコカーブームです。たとえ最初に100万円高いエコカーを買ったとしても、乗っているうちにガソリン代で元が取れるという考えです。

10年そこそこしか乗らない車でも、エコカーにお金を掛けた方が元が取れるのです。

凰建設のプリウスはもうすぐ走行距離が29万キロになります。17年前当時、他の車よりも50万円程高かったと記憶しておりますが、

ガソリン代を29万キロ分計算してみますと、当初の50万円高い分を考慮しても100万円以上、安い買い物をした事になりました。

 

では、住宅はどうでしょうか。例えば30歳で家を建てるご夫婦は、奥様が平均寿命で亡くなる87歳までは住むつもりで家を買うのではないでしょうか。

その57年間、家は自然環境から家族を守らなくてはなりません。更に、余計なエネルギーコストを掛けることなく経済面でも家族を守る家でなくてはなりません。

 

住居にかけるお金と、電気・ガス・水道に掛けるお金というのはトレードオフの関係にあります。省エネな家を建てれば建てる程、エネルギーを使わなくて済むという事です。

 

凰建設が考える理想の家づくりは、家を建てる人が生涯を通して、最も経済的に暮らせる家です。

目先の2000万円ではなく、生涯コストの9000万円を如何に抑えていくのかを考えた家づくりをしていきます。

初期費用が2割高く、ランニングコストが2割安い建物を計画できたならば、トータルコストは700万円程安くなります。

ランニングコストのうち、大部分を占めるのは「エネルギーコスト」です。そのお金はいわゆる中東の石油王と呼ばれる人に支払われるものです。

削減した分、日本の富が国内に残る事になり、誰も困る事はありません。

 

人生において700万円のお金が捻出できたならば、皆さんはどのような事に使われるでしょうか。

次の世代の子供たちに質の良い教育をプレゼントすることもできます。海外旅行などで自分の見聞を広めることもできます。憧れだった高級車を新車で買う事も出来ます。

さらに、質の良い住宅は世代を超えて子供たちに「優良な資産」として遺してあげることが出来ます。

私たち世代が頑張って支払った住宅ローンの恩恵を、自分の子供たち世代が数代に渡って受けることが出来るのです。

私たちが必死になって削減しようとした目先の2000万円を子供たちは考えずに生きて行けるのです。

 

せっかく家を建てるのであれば、そのような価値観を持っていただきたいと切に思います。

 

日本の経済を圧迫するのは医療費とエネルギー費です。お金を掛けずに家中を温めることが出来れば病気になる人が減ります。

毎年60兆円もの大金が消費されるこの2項目に大きなインパクトを与えられるのが「住宅」の良し悪しです。

 

住む人が豊かになり、国が豊かになる。そんな家づくりを考えてみませんか。

福田 拡

17.05.02

進捗報告。

こんにちは

 

各務原市のT様邸ですが

昨日、外壁検査を行いました。

s-KIMG0175.jpg

s-KIMG0178.jpg

来週には足場を解体して外構工事をスタートしていく予定です。

6月3日・4日には完成内覧会を予定しています。

ぜひ、見に来てください。

 

 

 

岐阜市のK様邸ですが

昨日、UBの施工を行いました。

s-KIMG0181.jpg

 

外部では外壁下地の作業を行っています。

s-KIMG0187.jpg

s-KIMG0188.jpg

 

渡り廊下の屋根の工事も終わりました。

s-KIMG0184.jpg

s-KIMG0186.jpg

 

以上福田でした。

 

 

森 亨介

17.04.30

2×4工法feat.雨天→((((;゚Д゚))))

天気予報通り、GW初日は日本全国で局地的な雷雨が観測されましたね。

そんな中、あまり見たくないものを見つけてしまいました。

 

 

2×4(ツーバイフォー)工法で建築中のアパートが建て方作業を行っておりました。

朝は晴れていたので、(工期もきついし)監督さんは建て方作業を決行したのだと思いますが、

天気予報は昼から雷雨です。大丈夫かなぁと心配になりつつも現場を横目に通り過ぎたのが午前中。

お昼過ぎに雨の中戻ってくると、案の定雨ざらしになっておりました。

 

木材は、瞬間的に濡れる事はそんなに問題ではありません。表面に着いた水分は、風通しさえよければ

晴れた日に乾いていってしまいます。しかし、面でくっついた部分の中に入った水分は、なかなか抜けません。

しかし、現場は工期がある為、乾かしている時間的、金額的な余裕はありません。

 

結果、雨天建て方決行、その後も工程通りというような無理なスケジュールを組むこともしばしばです。

特にアパートなどの商業建築は、1日当たり幾らの利益を上げる建物ですので、早く完成させればさせる程建築業者側も発注者側も助かるわけです。

有名な所では、シンガポールの空中庭園とプールのあるホテル、マリーナベイサンズは、60か月(5年)程の工期を見込んでいたところを21か月(2年弱)で完成させ、工事にあたった建築業者側は多額の前倒し完成報酬を受け取ったという例があります。

 

そんな事情もあり、強行した上棟ですが、ツーバイフォーの建物は、在来軸組工法と違って屋根が最後に完成します。屋根が出来る前に壁や床の合板が施工されますので、それまでに雨に打たれると、合板部分もずぶ濡れです。

在来工法であれば、まず最初に骨組み、そして屋根を完成させます。合板系の素材はその後に施工となりますので仮に上棟中に雨が降っても水分を合板で閉じ込めてしまうという事は比較的起こりにくいです。

 

折角選んだツーバイフォーの建物であれば、その弱点が露呈するような工程の組み方をしてしまったことが非常に残念です。

ツーバイフォーが良いとか、悪いとかいう事はありません。ただ、それぞれのやり方にはそれぞれの長所短所があり、その長所短所を活かすも殺すも、設計と現場の腕次第という事です。

色んな料理がありますが、結局美味しい不味いを決めるのは作る人なんだと思います。

 

 

全ての建築会社さんが、住む人の方を向いて仕事ができるといいのになと感じました。

 

 

森 亨介

17.04.28

室内空気汚染 濃度基準変更

住宅が原因で病気になる事を、シックハウスと言います。

 

シックハウス対策にはホルムアルデヒド(と、クロルピリホス)。

これらの物質を使わない、もしくは使用を制限するという法律があります。

これは国交省の定めたルールです。

 

ですが、実は、厚生労働省は、室内濃度に関する指針値として、もっと多くの物質を指定していることはご存知の方は少ないと思います。

 

ホルムアルデヒド、クロルピリホスを含む13物質について、厚労省は室内濃度をこの基準以下に抑えた方が良いですよというメッセージを発信し続けてくれていました。

もっと言えば、室内濃度の枠を外せば664の物質について「危ない」と警鐘を鳴らしてくれています。

しかし、ホルムアルデヒド以外の物質に気を付けている建築業者は非常に少ないです。

ホルムアルデヒドだけを指して、うちは有害物質を使っていないから健康住宅だと胸を張って断言する人がとても多いです。

 

そして、現在指定されている13物質以外に、新たに3物質が指定されようとしています。他にも、4物質について、基準の見直しが検討されています。

2017-04-27 19.14.19.jpg2017-04-27 19.14.30.jpg

ホルムアルデヒドが規制→代替物質が開発される→それも危ないやん→規制

という悪循環です。F☆☆☆☆の建材はホルムアルデヒドについてのみの規制値ですので、他の物質は何がどれだけ入っていようが全く関係ありません。

 

無垢の建具を使っている、無垢の床を使っている。それはいい事だと思います。ただ、発生源は接着剤であったりします。建材が関係ない場合もあります。

 

医療関係者や屋内環境測定の会社等と一緒に、一度新築できたての建物の室内空気環境を測定することをお勧め致します。

 

親切な測定機関であれば、更に追跡調査を行い、具体的にどの部材が危ないのかを突き止めてくれるところまでやってくれます。

 

 

建築基準法で決められた建材を使っているから違法ではない。
確かにその通りですが、
「違法でなければOK」を目指して仕事をするのか「住まい手の健康」を目指して仕事をするのか、その差は大きい様に思います。