岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設のスタッフブログ

凰スタッフブログ

梨ヶ瀬 信也

18.04.30

記念樹

おはようございます。

皆様 GW本番、爽やかなお天気の中いかがお過ごしですか・・

私は、お引渡し後7年を迎えるK様宅(本物の健康住宅・生づくりの家)に訪問させて頂きました。

(建物点検です)

約1時間ほどで無事点検終了、不備な所もなくむしろ大切にお使いいただいており、大変

うれしく思いました。

元気で明るいK様ご家族

KIMG5431.JPG

お庭の記念樹も、立派に大きくなっていました。

【約6年前に↓↓↓】旦那様と奥様で植樹・・ちょっと雨でしたね・・

IMG_0609(1).jpg

こんなにも育って・・ いい感じですね。

KIMG5465.JPG

それでは、記念撮影

KIMG5451.JPG

K様いつもありがとうございます。

(外構工事、しっかりとご提案させて頂きます。)

ありがとうございます。

 

 

 

瀬尾 あゆみ

18.04.27

生づくりの空気体験はいかがですか?

こんにちは!
明日からゴールデンウイークと言う方もみえるでしょうか?
今年は間に平日があって、飛び石連休の方も多いのではないかと思います。

行くところに困ったら…
是非、弊社のイベントにお越し下さいませ♪♪
5月6日(日)、ゴールデンウイーク最終日は、
弊社モデルハウス“生づくりの家”にて特別内覧会を開催させて頂きます!

_MG_8316.JPG

モデルハウスとしてオープンしてから早くも10年となりました。
そして、生活をし始めてから2年目を迎えました。
もちろん、今でもモデルハウスとしてご見学して頂けるようになっています。

行きそびれていたわ、という皆様、
どうぞこの機会にお越しくださいませ。

また、ご好評いただております子育てセミナーも、
同日10時より、開催せて頂きます!

DSCN2202.JPG

子育てにいろんな不安を抱えてみえる皆様、
これから子育てを始めようとしてみえる皆様、
構えず参加できるアットホームなセミナーですので、
どうぞお気軽に、お問合せ・お申込み頂ければと思います!

森 亨介

18.04.24

家づくりと地域活性化と囚人のジレンマ

先日、岐阜市の老舗木材屋さん、後藤木材さんの研修会で、藻谷浩介さんという方のお話しを聞いてきました。

2013年に上梓された、「里山資本主義」という著書が有名だと思います。

私自身、何度もお話を聞かせていただいており、昨年の11月には、東京にて藻谷さんの講演会を主宰させていただいた事もあったりと、大変お世話になっている方です。

 

お話しの骨子は、地域を活性化させるために、地元産の素材を使おうというものです。

よく聞く話ですし、別段目新しいものではないように思われる方も多いと思います。

 

しかし、聞いたことがある事と、知識として知っている事、そして実践できている事はずいぶんと違います。

 

恐らくこの文章を読んでいる方も少なからず、地元の物を選んだ方が良いのは分かっているけど、少し安い中国産の野菜を買う事などはあると思います。

洋服を日本産の物にしようと絶えず意識して選んでいる人も少ないと思います。

 

自分の払ったお金が、どこへ行って、どのように社会に影響を与えるのか、まず普段の生活の1%で良いから考えていきませんかという提案をされました。

 

全体の為にはこちらを選んだ方が良い事は分かるのだけれども、ついつい自分の利益を優先させてしまう心の動きの事を囚人のジレンマと呼んだりします。

 

特に家を建てるとなると、金額が大きい分、少しでも得な物をと考えがちです。

 

しかし、あるハウスメーカーは、その資材の殆どを海外で生産し、日本に逆輸入させていたりします。

今は家を建てる際には沢山の補助金助成金がありますが、なぜ住宅を建てる時にそんなに優遇があるのかというと、

それだけ地域の経済に大きな影響を与えるからです。

補助金まで貰って建てる家が2件あり、片やその数千万円のお金が、東京の本社や海外の工場に流れて行ってしまう。

片や、地域の資材業者や地域の山林を潤し、お金が地域に循環してまた自分のところに戻ってくる。

 

実は、多くの場合、東京の本社や海外の工場にお金を払うモデルの方が、若干安かったりします。

そこで、金額だけを考えて、自分がせっかく溜めたお金を地域の外に放流してしまう選択肢をすべての人が続けて行ったらどうなるか。

地域のお金はどんどん流出を続け、地域の経済が立ち行かなくなります。結果、次の世代の人たちは地域で生計を立てていく事が更に厳しくなり、

地域を捨ててしまわざるを得なくなります。

 

200万人の岐阜県民の年間消費額が10万円だったとして、そこには2000億円のお金が動きます。

その1%でも、地域の物を使う事に目を向けることができたなら、20億円の市場を作る事と同じ価値G2グレードです。

瀬尾 あゆみ

18.04.20

コンテスト入賞作品をアップしました!

こんにちは!
晴れた日が続いていますね。日中は暑いくらいの日もあります。
雨降りよりは良いですが、
朝晩の気温差に身体がついていかなくなりそうです…。

さて本日は、施工例を更新させて頂きました!
O様邸、もやもや解消!笑顔も距離もつながる水回りリフォーム

なんと…!!

大野佳佐邸.jpg

TDYリモデルスマイル作品コンテスト2017にて入賞致しましたよ♪♪
(画像は上記HPより)
応募対象はリフォーム工事の現場になります。
「テーマ別部門」「空間別部門」「中古住宅を買ってリモデル部門」の
3部門で募集が行われます。
今回は空間別部門に応募させていただき、賞を頂くことができました。
しかしこれも、お客様あってのことです。
O様、工事の際は本当にお世話になりました。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

深谷 聡美

18.04.20

免疫住宅

こんにちは、気持ちのいいお天気が続いていますね。

今週は、弊社でおすすめしている健康住宅のひとつ、免疫住宅に関する研修に行ってまいりました261835.gif

f (173).jpg

免疫住宅についてはこちらをご覧ください。

研修の中には植物園の見学もあり、ちょうど見ごろの花ばかりでとてもキレイでした(^^)♪

f (168).jpg f (172).jpg

f (167).jpg f (170).jpg

f (171).jpg f (169).jpg

免疫住宅についてご興味のある方はぜひお問合せください♪