岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設のスタッフブログ

凰スタッフブログ

瀬尾 あゆみ

17.05.26

特別な一枚は...?

こんにちは!
今日はなんだか久しぶりの雨降りですね。
夕方には雷も鳴るかもしれないとか…もうそろそろ梅雨到来でしょうか?

さて、そんな雨の合間に見せた晴れ間を狙って…

加藤邸 (1).JPG

外壁の色決めです。
これは塗り壁のサンプルです。
カタログで見るのと実際のサンプルを見るのとでは、
全然違う場合もあります。

外観をイメージしながら色をしぼっていきました。

加藤邸 (6).JPG

色には“面積効果”というものがあります。
いっぱんに、明るい色は、面積が大きくなると薄く見え、
反対に暗い色は、面積がおおきくなると濃く見える、というやつですね。
これは目に入る明度、彩度の感じ方が違うからですが、
それを踏まえて色決めをしていくので…これがなかなか難しい。
(もちろん、これは外装材だけでなく、内装材にも言えることです。)

加藤邸 (8).JPG

しかし!
みなさまの大事なお家を任せられた以上、
プロとして、
お客様の描くイメージに合ったベストのものを提案させて頂きます!!
そのために、たくさんの色見本やサンプルを見比べます。
今回は塗り壁でしたが、サイディングでも鋼板でも同じですよ。

加藤邸 (2).JPG

しぼられてきました。
実は、既に心の中には“一番はコレ…”が決まっています(笑)
しかし!どれになったかはできてからのお楽しみhappy02
カッコイイ家になりますよ~!!

森 亨介

17.05.25

子供たちの安全をほんとうに考えるのであれば

赤ちゃんのいる、もしくは赤ちゃんの生まれる予定のある家の計画をしていると、皆さん気にされるのは、家庭内での事故です。ざっと調べるだけでも、いろんなサイトがあり、子供たちの安全について色々なアドバイスをしてくれています。

家の中でお子さんが事故に合わないように気を付けたいと思うのは当然で、色々な対策をされるのですが、気を付けていただきたいのは副作用の出る可能性があるという事です。

愛知県の統計データですが、年齢別、家庭で起こる不慮の事故の統計がとられております。

 

スクリーンショット 2017-05-25 20.47.45.jpg

家を建てて良くやるのが、階段の落下防止柵ですね。特に、活発に歩き回る2歳くらいまでの時期に柵をつけられることが多いと思います。

危ない物から子供たちを遠ざけるという考え方から、柵などを取り付けるのですが、実は、ここにちょっとした落とし穴があるのですね。

危ないから、という理由で、3歳くらいまでの子供たちを、危ないものから遠ざけておくと、どうなるのか。

幼少期の「怖い」という体験が極端に不足すると、少年期に自分の中でどのくらいが限界なのかという基準ができておらず、まだ大丈夫だろう、もう少し行けるだろうと無茶をしてしまい、家の外で、溺れたり、落ちたり、交通事故に遭ったりしてしまう事がしばしば起こってしまいます。

「教育」という言葉があります。教え育てるのですが、親は何を教えてあげないといけないのでしょうか。家庭内の事に限らずなのですが、実は教育というのは「安全に失敗を経験させる」事なのですね。

人類有史以来、数多くの先人たちが、水や火や電気や、高低差など、ありとあらゆるもので命を落としてきました。親の目が届くうちに「安全に」怖いものを経験させてあげることで、命を落とすような物には自分から近づかないようにしてあげないと、親の目が離れたところで、不幸な事故が起こってしまいます。

我が子が本当に可愛いのであれば、ずっとそばにいて危険な物からその都度守るのではなく、危険な物の避け方を教えてあげる。どんなものが危険な物なのか、身をもって体験させてあげる事が何よりの教育なんですね。

あっちに行ってはダメ、これは危ないから触ってはダメ、と言いますが、子供は好奇心の塊です。目につくものは触ってみたいものだし、高い所や不思議な場所には行ってみたいものです。

ダメだと言い続けているうちに、子供たちは、「どうせ自分のやりたい事はやらせてもらえない」という固定観念が生まれてしまいます。いわゆる無気力状態です。

行動を抑制する事を小さいうちに繰り返してきた子供たちが少年期に入り、生徒会活動等を自主的にやろうとする可能性はあまり高くありません。

3つ子の魂100までということわざがあるように、3歳までに培った行動力ややる気を生み出す力は、その後もずっと子供たちを助けてくれます。

我が家も3人の子供たちに恵まれましたが、みんな1歳そこそこから、ロフトはしごや高い脚立を上り下りして遊んできました。階段の柵も勿論つけてはおりません。

 

子供たちの安全を本当に考えるのであれば、家の中に危ないものが全く存在しない状態が3歳以上になるまで続くのは、考えものかもしれませんね。

自分で危険を見つけ、警戒できるようになってもらいたいのであれば、家庭内にいるうちに「安全に失敗」をさせてあげる事が、親の務めなのではないかと感じます。

 

田口 功

17.05.25

犬山の家

こんにちは。

只今、ゾクゾクと現場が始まっております。

本日は犬山の家をご紹介いたします。

 

現在、基礎工事中で本日立ち上がりのコンクリートを打つ予定でしたが、

雨模様で延期。。結果 打てそうな天気でしたが・・残念。

 

地盤調査の結果は微妙な判定でしたが しっかりと改良工事をさせていただきました。

川崎邸着工後 (51).JPG

配筋も複雑な形状でしたが きれいに施工されております。

川崎邸着工後 (70).JPG

川崎邸着工後 (85).JPG

ベースコンクリートも問題なく打設!

川崎邸着工後 (92).JPG

本日早朝から型枠検査を受けましたが しっかりと施工されていました。

KIMG0729.JPG

KIMG0731.JPG

順調に進んでおります。

私もしっかりと管理していきます!

 

 

髙橋 怜奈

17.05.24

クラフト こはるび

こんにちは。
今日は比較的過ごしやすい一日でしたね!
昨日までの暑さはどこにいったんでしょうか...(*_*)

お引渡しをさせて頂きましたI様邸にお邪魔してきました!
先日もお伺いしたのですが、お庭のバラがきれいに咲くにはまだ少し早かったようで...
今回はタイミングばっちりでした(^^)/
s-S__45678608.jpg

自慢のバラもきれいに咲いております!
Iさまの愛情が伝わってきますね(*'ω'*)

s-S__45678600.jpg

奥様ご自慢の景色☆
ここからだとバラがきれいに見えるんですよ!素敵ですね☺

s-S__45678602.jpg

実は、ご自宅でギャラリーをされております。
気になる方は「クラフト こはるび」で検索してみてください!
ご主人がひとつひとつ丁寧につくられた食器や小物がたくさんあります!!
きれいなお花と、かわいいわんちゃんがお出迎えしてくれます☆☆
もちろん!!SWのお家の良さも味わえますよ(^^)/

Iさま、ありがとうございます。

深谷 聡美

17.05.23

今年も

こんにちは、暑い日が続いていますね(+_+)

熱中症で緊急搬送される方が例年より増えているそうですので

体調管理には十分お気を付けくださいませsun

 

さて、今年も凰建設にツバメがやってきましたよ~

 

f (127).jpg

 

3年ほど前にできた巣を毎年増築して出来上がった立派な巣!

しばらく中の様子を確認して飛び立って行ったのでまだ検討中のようです(^◇^)

新しい入居者になるんでしょうか(^^♪