岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設のスタッフブログ

凰スタッフブログ

髙橋 怜奈

18.10.10

植栽工事

こんにちは。
なかなかいいお天気が続かないですね(´・ω・`)

Y様邸では植栽工事を行いました。
s-4511.jpg

やっぱり緑があると雰囲気が変わりますね!
とってもいい感じに仕上がったので、
またご報告します!

Yさま、ありがとうございます。

瀬尾 あゆみ

18.10.05

一目惚れのお買い物

こんにちは!
台風のせいかじめっとした空気でむしむししますね。
SW(スーパーウォール)のお家はサラッと快適なんだろうなと思いつつ…
羨ましいです。
朝晩の冷え込みもだんだんと増してきたので、
皆様、体調には十分お気をつけくださいませ。

ところで、先日、
思わず一目惚れをして一冊の本を買ってしまいました。

IMG_8861.JPG

衝動買いは基本的にしないのですが、本だけはダメですね(笑)
思わず手にとって、ぱらっとページをめくって…
私の大好きな設計者さんの建物が載っていたので勝てるわけありません。
それも一つではなく…!!
一冊で一度に写真も見られるので、お得ですね。

私が学生時代、とても感動した建物の一つが東京にあります。
この本にも載っていました。
自由学園明日館です。
ご存知の方もみえるでしょうか?

空気までつくってしまっているその建物に、ただただ驚いたことを覚えています。
タイムスリップしたような、当時の情景が目の前に想像できる場所でした。

竣工してからもうすぐ100年になります。
今でも親しまれるその建物は、やはり感慨深いです。
保存の動きに力添えされている部分もあると思いますが、
“名建築”には学ぶところがたくさんあるなと思いました。
勉強しつつ、活かしていきたいです!

田口 功

18.10.04

現場報告

天気が続かず、台風もきたりと

外仕事がなかなか予定が立たない今日この頃。

されど現場は待ってくれない!と。。

 

そんな最中T様邸はとりあえず順調に進んでおります。

外壁も張り終え、外壁検査も見事合格しました。

KIMG5519.JPG

 

内部では、大工さんのお仕事も終わり

仕上げ工事に入っていきます。

KIMG5580.JPG

KIMG5574.JPG

お決まりの漆喰写真!

KIMG5573.JPG

 

完成に向け

皆さん宜しくお願い致します!

 

 

 

髙橋 怜奈

18.10.03

リフォーム中

こんにちは。
またも台風がやってきますね・・・(*_*)

先日からリフォームさせていただいておりますK様邸。
下地工事をおこなっております!
s-4427.jpg

LDKの天井をいつもより高くしたので
お部屋が広く感じられますよ!
どんどんかたちになっていくので、現場に行くのが楽しみです(*'ω'*)

Kさま、いつもありがとうございます。
これからも宜しくお願い致します!

森 亨介

18.10.02

タダで載せられる太陽光まとめ

さて、先日、太陽光発電は無料で設置できる時代になったと書きました。

shutterstock_55035709 (1).jpg

その時にお知らせしたのはLIXILと東京電力が提供する仕組みでした。

それ以外にもYKKさんが提供する無料太陽光の仕組みもあります。


大手2社を紹介しましたが全国を見ればまだまだあります。



無料と聞くと怪しい感じがしますね。なぜ無料で太陽光を載せられるのか。
それは、売電収入が太陽光発電設置メーカーさんに入る仕組みだから。

設置業者さんは、設置コストを売電した電気料金で賄うのです。

言い換えると、設置業者さんに、自宅の屋根を貸しているのです。
なるほど、じゃあ我が家のメリットはない訳ですね?

いいえ、そうではありません。

売電する分は業者に取られますが自家消費する分は使いたい放題です。
※会社によって仕組みは違います。

なるほど、ノーリスクで発電のメリットだけは受けられる。

非常時の電源としても使える。悪い話ではないと思いませんか?

私はいいと思います。

ただし、何点か注意事項があります。

この仕組み、売電価格が高く、設置した方が利益になる場合でしか
成り立たないビジネスモデルです。

 

simyure-syonn.jpg

太陽光の売電価格があまりにも下がってしまうと、

制度を維持することが難しくなります。

太陽光発電の価格は10年後に11円/kWh前後と、

今の約1/3まで下がってしまいます

その後は更に下がる事でしょう。

個人家庭向けの無料設置太陽光は今が旬の太陽光設置方法です。

ここ数年で家を建てる人だけの選択肢になるであろうという事が
一つ目の注意事項です。

もうひとつの注意事項。

自分でお金を払って載せるのと、無料で載せてもらう事を比べると、

最終的な収支は自分でお金を払った方が得になります。

header.jpg

当たり前ですが、人や企業が中間に入るという事は、何らかの
必要経費が掛かっており、それを賄って更に利益が出そうなので
商品化されているのですね。

最後の注意点。

今日紹介した無料太陽光の会社は売電価格に関わらず、決まった年数が
経過したら、太陽光は屋根を貸してくれたお客様に差し上げます
という仕組みです。

そうでない会社も沢山あります。


最初に太陽光発電搭載分の融資を銀行さんからしてもらう仕組みで
売電分でそれをちゃんと返していかなくてはなりません。

調子に乗って自分で使いすぎると借金を返すことなく10年目を
迎えます。10年目までに借金を返せなかったら、、、

shutterstock_330860594.jpg

いくら発電しても大した金額になりません。

10年目までに借金を返す生活をおくる自信があれば良いですが
そうでなければ危険です。


決まった年数が経過したら太陽光システムはお客様に
差し上げますという仕組み以外は後で落とし穴に落ちる可能性が
あるんです。

無料で太陽光の仕組みも良心的な会社と、そうでない会社が
あるという事ですね。

shutterstock_418646125-768x512.jpg


いかがでしたでしょうか。

太陽光を付ける予定は無かったとか別の所にお金を掛けたいという
価値観をお持ちの方であれば、ほぼノーリスクで、少しの便益を
受けられることになります。

折角家を建てるのであれば、太陽光がついていた方が
新しい家っぽいですよね。

将来のエネルギーリスクに備える為太陽光を無料で載せておくのは、、

有りだと思います。

 

 

 

さて、今回は太陽光のお話しでしたが、

家づくりにはまだまだたくさんの落とし穴があります。


家づくり失敗したなぁと思う人を一人でも減らせたらと思い、

ブログではとても書けない事を数通のメルマガにしてみました。

 

10年後に借金が残る可能性のある無料太陽光を取り扱う

会社さんの事も具体的に書いちゃいます。

 

また、メルマガに登録いただいた方には、特別小冊子

「家を建てる前に知らないと大変な事になるお金のはなし」

を特典として無料で差し上げております。

 

 

 

【実録】建築会社と担当者選びを失敗した理由

 

メールアドレスだけで登録できます。

 

皆様の失敗しない家づくりを応援致します!