岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設のスタッフブログ

凰スタッフブログ

髙橋 怜奈

18.05.16

素敵なお庭

こんにちは。

先日、クラフトこはるびにバラを見に行ってきました(^^)/
(木の器やカトラリーのお店です!)

s-20180516_180516_0034.jpg

2年ほど前にお引渡しをさせて頂きましたI様邸です。もちろんSW住宅ですよ。

お庭にはたくさんのバラが咲いているんですよ!
Iさまの愛情たっぷりのお庭はほんとにきれい(*'ω'*)
バラだけでなく、いろんなお花やハーブがあって
毎回訪問するのが楽しみです。いつもありがとうございます!

s-20180516_180516_0036.jpg

 

 

森 亨介

18.05.14

最適な家の大きさ

「何坪くらいの家が欲しいですか」

これは本当に良く交わされる、住宅建築における会話です。

うーん、40坪くらいかな。とか、35坪くらいかな。とかいろんな答えが返ってくるのですが、その数字にきちんとした理由のあるお客様は意外と少数派です。

間取りを考えるうえで、勿論全体の大きさはイメージをする必要があるのですが、一つ、考えていただきたいのは、自分が欲しいのは「40坪の家」なのか、「自分にとって十分な大きさの家」なのかという事です。動線が悪く、廊下がひたすら長い家で、びっくりするほど収納が無く、リビングの狭い40坪の家もあれば、家族が付かず離れずの適度な距離感を保って広々と使える収納の大きな30坪の家もあります。

小さい家よりは大きな家の方が良い、天井が高い家の方が良い。一般的にはそう思っている人が多いですが、実は住宅というものは、必要な大きさが確保できたのであれば、後はどれだけコンパクトに納められるかを考えた方が、長い目で見てずっと得することが多いのです。

小さい家の方が得する事をずらっと並べてみたいと思います。

①建築コストが少なくて済む

 これはもう説明不要だと思いますが、小さく作る方が初期費用が安く済みます。

②メンテナンスコストが少なくて済む

 これも説明不要レベルですが、外壁の面積は少ないほど、屋根の面積も少ないほど、交換や塗り直しの費用も少なくて済みます。

③光熱費が少なくて済む

 「住宅を温めたり冷やしたりするエネルギー=Q値×床面積×温度差」という公式があります。床面積が大きくなればエネルギーが沢山かかります。エネルギーが自分の予測を超えていえば、温度差を少なくしてガマンします。つまり、床面積を多くするのであれば、光熱費がかさむのをガマンするか、寒い、暑いのをガマンするかという選択肢になります。もう一つ、Q値を低くして何もガマンしないという方法もありますが、Q値をどの程度低くしたら想定通りの暖かさ、光熱費で収まるのかをきちんと説明できる人は本当に少ないので注意が必要です。

 

人間の居住空間は必要な機能が満たされている事が大切です。広さは機能を構成する要素の一つではありますが、全部ではありません。床の面積が足りなくとも、空間には高さという要素もありますので、高さで広さを演出したり、収納量を増やしたりすることもできます。また逆に無駄に高い空間を作ってもあまり意味をなさない事もあります。手が届かない高さにある収納が使いにくい事は誰でも想像が付きます。広さ、高さのバランスを必要最低限ギリギリで設計できることが、設計者の腕の見せ所であったりします。同じ機能を満たすのであれば、少なく作ってあげたほうがお客様の生涯コストも少なくて済みます。

 

ドラえもんにあばら屋くんという人物が登場します。私の好きなエピソードの一つですが、狭い家も空間を生かす事で充分な広さにすることができると示唆しているようなお話でした。

こんな風に、狭くとも広く使えてみんなが楽しい家を設計したいなと、いつも思っております。

pict-あばらやくん.jpg

 

瀬尾 あゆみ

18.05.11

今週末はクラシドです!

こんにちは!
昨日は少し肌寒かったですね。この時期は特に、温度差に気を付けたいものです。

ところで、
明日明後日は、岐阜産業会館にて『クラシド』が開催されます。
開催時間は10:00~17:00です。
弊社も出展させて頂きますよ♪♪

詳しい内容はコチラをご覧くださいconfident

弊社のブースはこんな感じです↓↓

7991.jpg

自慢の体感ボックスも登場します!
本当のおいしい空気を持った住宅と、一般の新築住宅の空気の違いを
是非この機会に体感して下さい♪♪

音響熟成木材を用いた生づくりの床も準備万端!!
足裏から伝わる気持ち良さを会場でもご体感頂けますよ♪♪
靴を脱いで、是非歩いてみて下さいませ。

皆様のお越しを、楽しみにお待ちしております☆

梨ヶ瀬 信也

18.05.01

上棟をむかえるまで・・

おはようございます。

本日も清々しいお天気ですね、皆様いかがお過ごしですか~❔

さて、先日柱の検査をしました。

5月中旬に上棟を迎えるK様邸の大切な材料検査(和室に使用する柱など)を行いました。

柱に番付けを書きます。柱の建つ場所、柱の方向(柱は四角いので4つの方向があります、

どの方向を南に向けるかなど)、曲がっていないかなど一本一本検査します。

(大工だった頃、柱に番付け作業が大好きでした。今はマジックで書きますが、当時は竹を

割り箸ぐらいの大きさにして先っぽを細かく割れ目を入れて筆を作り、墨汁を付けて

書いていました、スミサシと言います。)

お客様の顔を思い浮かべながら

柱の建つ位置、方向を決めるって最高です、すごく緊張します。

・・なので今でもすきです・・

KIMG5418.JPG

緊張・・「よく目つきが変わると言われます」

KIMG5422.JPG

一棟入魂 大切なお住まいです

責任のある思いで・施工をしたいと強く心がけております。

K様、上棟まで今しばらくお待ちくださいませ。

ありがとうございます。

 

 

梨ヶ瀬 信也

18.04.30

記念樹

おはようございます。

皆様 GW本番、爽やかなお天気の中いかがお過ごしですか・・

私は、お引渡し後7年を迎えるK様宅(本物の健康住宅・生づくりの家)に訪問させて頂きました。

(建物点検です)

約1時間ほどで無事点検終了、不備な所もなくむしろ大切にお使いいただいており、大変

うれしく思いました。

元気で明るいK様ご家族

KIMG5431.JPG

お庭の記念樹も、立派に大きくなっていました。

【約6年前に↓↓↓】旦那様と奥様で植樹・・ちょっと雨でしたね・・

IMG_0609(1).jpg

こんなにも育って・・ いい感じですね。

KIMG5465.JPG

それでは、記念撮影

KIMG5451.JPG

K様いつもありがとうございます。

(外構工事、しっかりとご提案させて頂きます。)

ありがとうございます。