岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設のスタッフブログ

凰スタッフブログ

田口 功

18.09.20

検査を乗り越えて

最近涼しくなったは良いもの

天気がはっきりしなく嫌ですね。

 

さてT様邸では、外壁が張られてきました。

KIMG5397.JPG

カッコイイ家になりそうですね!

 

外壁を張る前にはしっかりと検査があります。

KIMG5240.png

JIOさん検査

KIMG5229.png

社内検査

しっかり確認させて頂きました。

KIMG5353.JPG

この状態でこの間の台風でもなんともありませんでした!

完璧な雨仕舞です!

 

 

 

髙橋 怜奈

18.09.19

大詰めです!

こんにちは。
9月は運動会シーズンですね!
赤白帽子をかぶった小学生を見ると懐かしくなりますね。

先日から工事をさせて頂いておりますY様邸。
いよいよ大詰めを迎えております。
s-20180919_180919_0001.jpg

外部も内装もきれいに!ということで、床の張替えです。
完成が楽しみですね☆

Yさま、いつもありがとうございます。
 

深谷 聡美

18.09.18

洗い出し

こんにちは、朝涼しくなってきましたが昼間はまだまだ暑いですねsweat01

 

O様邸では、前日ご家族に敬老の日のお祝いをしてもらって上機嫌な左官屋さんが

玄関の仕上げ工事を行っていました(^^)/

 

f (223).jpg

豆砂利の洗い出し仕上げです。

豆砂利の表面を見せるために、ブラシでモルタルを洗い出していきます。

f (219).jpg

だんだん豆砂利が見えてきました…

水を吹き付けて表面をきれいにしていきます。

f (224).jpg

う~んいい感じ(^^)♪

f (222).jpg

玄関もきれいに仕上げていただきました。

f (221).jpg

階段下のスペースもイメージ通りに出来上がりました。

ここには ある物 を飾る予定です…(^◇^)

f (220).jpg

 

O様、あとわずかですが最後までよろしくお願いいたします!

瀬尾 あゆみ

18.09.14

上から街を見てみると...

こんにちは!
すっきりしないお天気が続いていますね…
気持ちまで下がってしまいそうです。

そんな時は…リフレッシュ!
先日、ずっと行きたかった建築の展示会に行ってきました327481.gif
久しぶりの東京日帰り。
他の用事も済ませつつ…気合を入れて勉強です!!
ボリュームもあって若干疲れました。歳でしょうか…(笑)

そして、帰りに少し寄り道をして…

P9083451.JPG

絶景でした。見渡す限りのビルですが…見応えあります。
夕焼け空は素敵でしょうね。

ただ、ここで大きな災害が起こったら…
映画ではないですが、本当に想像がつかないくらいになるのでしょうね。

先日の台風では、自然の力の前では人間がいかに無力か痛感しました。
今も復旧・修繕にたくさんの方が走り回って下さっています。

自分たちに何ができるか…
もちろん堅固な守りをつくるのも大切ですが、
これ以上地球が悲鳴を上げなくてもすむよう、
自然と調和した暮らしができる環境をつくっていきたいと思いました。
せっかく省エネ志向が高まっている昨今ですので、
例えば電気をこまめに消す、余分な袋や箸はもらわないなど、
小さなことからできることを一つ一つ習慣にしていきたいです!

ではもう一度、ビルの眺めに戻りまして。
真ん中に建つガラス張りのうねりがある建物、何か分かりますか…?

P9083453.JPG

黒川紀章さんが設計した国立新美術館です。

東京はいろいろなところに分かる建物が建ってるので見ていて楽しいです。

さて、写真中に気になるポイントを発見しました。
少し近付いてみましょう。

P9083455.JPG

分かりますか??
写真の真ん中あたり。赤白の長~い2本の首。

P9083456.JPG

新国立競技場の工事現場です。
2020年に向け、進んでいるのが分かります。
あまり実感がわかないのが正直なところでしたが、
こういう場面を見ると急に現実味を覚えるので不思議ですね。
完成が楽しみです!!

森 亨介

18.09.13

再生可能エネルギーとどう向き合うか

実は少し前から匿名で質問できる質問箱というものを設置しております。

そこに質問を頂きましたので、ブログでお返事しようと思います。

 

ちなみに匿名で質問をしてみたい方はこちらをクリックしてください

 

質問内容は以下の通り。(※クリックで拡大します)

41acb59d.jpg

 

はい、太陽光発電および再生可能エネルギーとどのように付き合うか。ですね。

 

まず一つ整理しておきたいと思いますが、太陽光発電の買い取り料金が現在の

半額以下になるであろうという話は今に始まったことではなく。

日本で買い取り制度が始まった2009年時点では、ほぼ確定路線でした。

 

日本は10年遅れでドイツの真似をしてきておりますが、

ドイツでも10年ほど前に、買い取り価格が下がる→市民がびっくり

という事件が起きております。

 

2012年にそんなブログを書いておりますのでよかったら見てください。

 

ヨーロッパも今は落ち着いて、再生可能エネルギーは順調に普及が

進んで行っております。

 

ちなみに2年前にフェイスブックのノートに書いた記事がありますが、

今でも私はこの考え方は変わっておりません。

 

書いてあることを表にしてみました(※クリックで拡大します)

スクリーンショット 2018-09-13 11.03.03.png

太陽光発電を乗せない家からプラスエネルギーになるまで載せた家が、

過去、現在、未来において、経済的にどのように影響してくるかという表です。

 

エネルギーの収支は過去現在未来、いつでも変わりませんが、

エネルギーの価値が変わってきますので、収支が変動します。

 

20万円分のエネルギーを使ってるけど12万円分のエネルギーを発電しているから

4.5万円分の儲けがあるといった、算数的には???な状況も起こります。

 

自分たちが使うエネルギーは自分たちで賄う。その考え方には

全く異論はありません。

 

ですが、一つ、注意事項があります。

家を建てるときの作り手も住まい手も、エネルギーに関しては

家の事しか考えていない人が多いです。

 

しかし、家庭から排出されるエネルギーの約20%は自動車からです。

chart04_06_img02.jpg

 

これからどんどんエネルギー価格が高騰していく中で、建物だけの

ゼロエネルギーを考えていては、片手落ちです。

 

もう車には乗りませんと言うならば別ですが。

 

いつも言いますがヨーロッパの今は日本の10年後です。

 

再生可能エネルギーが普及して電気余りが発生するようになったEU諸国では

余ったエネルギーを電気自動車や水素ガスエネルギーにして使っています。

 

これから新築して、太陽光を載せるのであれば、ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)

の助成金が取れるくらいの積載量は欲しいと思います。

 

凰建設の建物であれば、ZEH相当の積載量で、自動車の20%分は賄えます。

 

ただ、できればゼロエネルギーハウスと言わず、プラスエネルギーハウス

になるまでの積載量が欲しいと思います。

 

社会全体でエネルギーを融通し合う事が必要になる時代が必ず来ます。

その時に社会貢献しつつ、自分も収益を得られる側になるのか、

いつまでもエネルギーを貰い続ける側になるのか。

 

人間の歴史はエネルギーの歴史でもあります。いつの時代もエネルギーを

持つ者が優位に立ってきました。

 

以前は太陽光を載せる事にもお金が掛かり、躊躇する方も多かったのですが、

今は太陽光はタダで搭載できる時代です。

 

初期投資を回収できるかどうかというリスクのある部分は、

大手の会社に任せて、住まう人には将来のエネルギーコスト上昇に

備えてもらいたいと思います。

 

最後に、いつも皆さんにお見せしている、ゼロエネルギー社会の映像を

掲載したいと思います。

 

家単体のゼロエネルギー

家庭全体のゼロエネルギー

社会全体のゼロエネルギー

 

皆さんはどこに向かってボールを投げたいですか?


どこのゼロエネか.jpg

ご質問いただきありがとうございました。

質問の意図にきちんとお応えできていたでしょうか。

分かりにくければまたご質問いただければと思います。

 

さて、今回は再生可能エネルギーのお話しでしたが、

家づくりにはまだまだたくさんの落とし穴があります。


家づくり失敗したなぁと思う人を一人でも減らせたらと思い、

ブログではとても書けない事を数通のメルマガにしてみました。

 

また、メルマガに登録いただいた方には、特別小冊子

「家を建てる前に知らないと大変な事になるお金のはなし」

を特典として無料で差し上げております。

【実録】建築会社と担当者選びを失敗した理由

 

メールアドレスの登録のみでOKです

 

皆様のお役に立てたらと思います。