岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設の理念

企業情報

理念

基本理念

我々は、住まいづくりのパイオニアとして
お客様とのふれあいを大切にし
夢をカタチに築きあげ
満足と信頼を以って社会に貢献します

行動指針

1. <人づくり>

我々は、チャレンジ精神で常に学び、与えられた条件の中で成果を出すプロになります。

2. <技術づくり>

我々は、P、Q、C、D、S(設計、品質、コスト、納期、サービス)の各分野で日本一を目指します。

3. <サービスづくり>

我々は、あらゆる商品や知識を提案し、生涯を通して住まいのアドバイスをします。

4. <お客様づくり>

我々は、情報のネットワークづくりを行ない、お客様の基盤をつくりあげます。

5. <社風>

我々は、思いやりの心と友情を大切にし、前向きな姿勢で行動します。

三信条

我々の基本となる精神は住まいを通して社会に貢献することにある

  • お客様の満足
  • 社員の幸せ
  • 会社の発展

五つの問いかけ

  • 1. お客様の満足を求めているか
  • 2. プロとしての自覚と誇りを持っているか
  • 3. 自分自身成長しているか
  • 4. 友情を大切にしているか
  • 5. 目標に向かって努力しているか

第25期基本方針

徹底しよう!キレイサチコ

【基本方針】

消費税が4月より8%に引き上げられ、来年の10月には10%にまで引上げられる見込みになりました。増税後の打撃を感じ取ることなく時代は次の増税への駆け込みがすでに始まっています。私たちは駆け込み需要に振り回される事無くお客様に最適なタイミングで最高の提案を感動と共に提供しなければなりません。長期的に見れば、2020年東京オリンピック開催が決定し、さらには2027年に品川―名古屋間を40分で結ぶリニア中央新幹線が開通します。中部地方は消費税の増税後の落ち込みをそれらで補填する要素はあるものの住宅建築を取り巻く環境は非常に厳しいことに変わりはありません。無策はそのまま企業の命取りとなりかねない今の現状を真摯にとらえ、増税後の打開策を今季上半期までにプロジェクトとして立ち上げます。
また理想的な会社運営を目指すために一から良い社風を作り上げます、良いことは多いに褒めて、狡いこと、怠慢な事には厳しい姿勢で臨みます。そして社内の風通しを良くし、業務に於いてはキレイサチコを徹底して無駄の排除をし、厳しい中でも利益を捻出出来る体制を作り上げます。

【環境分析】
  • ・2015年10月消費税10%に増税される。2014年後半から始まる企業倒産ラッシュ。
  • ・1人暮らしの独居老人が600万人超となり、孤独死は年間3万人にのぼる。
  • ・人口減少の更なる加速=JDPの更なる減速。
  • ・中古流通の加速、長期優良化で資産価値を上げる為の省エネリフォームが本格化する。