岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設の家づくり用語集

家づくり用語集

施工・工法

折り上げ天井
あ行 施工・工法

【読み方】おりあげてんじょう

天井の中央部分を、その周りの部分より高く仕上げた形態の天井。

開放感があり部屋を広く見せるという効果や、間接照明を入れてスタイリッシュなイメージを演出するなどのメリットがあり、リビングや和室などに多く用いられる。

雨仕舞い
あ行 施工・工法

【読み方】あまじまい

雨水が建物の内部に浸入したり漏れたりするのを防ぐこと。または防ぐための施工方法。

リフォームで増改築したり、玄関ドアや窓サッシなどを交換する場合は、特に躯体との結合部や屋根部分の防水処理が重要になる。

ニッチ
な行 施工・工法

【読み方】にっち

壁面の一部をくぼませてつくる飾り棚のこと。

花やインテリアを飾ったり、照明を当てたりすることで、空間のアクセントとなる。

野地板
な行 施工・工法

【読み方】のじいた

木造住宅などで、屋根面を構成するために垂木の上に張る板材のこと。屋根の下地板。

野地板を張った後、防水処理をし、瓦などの屋根材を設置する。

【読み方】えきすぱんしょんじょいんと

構造の異なる複数の建物を連結する際に用いられる手法・工法のこと。

木造軸組工法の母屋に2×4工法やパネル工法などでつくられた居室を増築・連結する場合などに用いるケースが多い。地震時に建物に想定外の力が作用するのを避けたり、地震時の動きや温度変化による伸縮の吸収など、構造体の安全性向上を目的とする。

長押
な行 施工・工法

【読み方】なげし

和室などで、柱の側面や鴨居の上部などに水平に取り付けられた化粧材のこと。

雨どい
あ行 施工・工法

【読み方】あまどい

屋根を流れる雨水を軒先に集め、地下や下水まで導いて排水する部材のこと。形状は溝型や管状が多く、銅板や亜鉛鉄板、カラー鉄板、硬質塩化ビニルなどでの素材で作られている。軒先に付ける「軒どい」や軒先から地上につなぐ「竪(たて)どい」、両者の接合部分の「呼びどい」または「あんこう」などに分かれている。

ラーメン構造
ら行 施工・工法

【読み方】らーめんこうぞう

柱や梁で建物を支える構造で、接合する部分がしっかり固定されているもの。大空間が可能となり、開口部も広くとることができる。鉄筋コンクリート造、鉄骨造が具体例で、中高層マンションで用いられることが多い。

床下換気口
施工・工法

【読み方】ゆかしたかんきこう

床下の湿気を防ぐために、布基礎部に設けられた換気口のこと。

ベタ基礎
は行 施工・工法

【読み方】べたきそ

縁の下をもたない床をつくる場合や軟弱な地盤の上につくる基礎構造のこと。

1  2  3