岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設の家づくり用語集

家づくり用語集

資金・税金

借入可能額
か行 資金・税金

【読み方】かりいれかのうがく

住宅ローンを借りる際の、最大限度額のこと。通常は申込本人の収入(年収)や用意できる自己資金額、返済方法、建設工事費や購入価格、金利や諸費用などの要素等から試算することになる。

固定金利
か行 資金・税金

【読み方】こていきんり

借入時の金利が最後まで適用される住宅ローン金利のことで、契約期間が20年~35年のものを「長期固定金利」ともいう。代表的なものに、旧住宅金融公庫の住宅融資(11年目以降に金利が上がる段階金利制)や証券化住宅ローン(フラット35)がある。返済計画が立てやすく、返済額が途中で変わらないというのが特徴。

違約金
あ行 資金・税金

【読み方】いやくきん

建築請負契約や不動産売買契約の際に取り決めた内容に違反した場合に、相手方に対して支払うとあらかじめ定めておいた金銭のこと。

基準金利
か行 資金・税金

【読み方】きじゅんきんり

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の融資や財形住宅融資に適用される金利のうちで、最も低い金利のこと。

頭金
あ行 資金・税金

【読み方】あたまきん

土地・住宅の購入契約時や住宅の建築請負契約時に払う一時金のこと。工事着手金や手付金ともいう。

<前へ  1  2