岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設の家づくり用語集

家づくり用語集

資材・建材

CLT
さ行 英字A~Z 資材・建材

【読み方】シーエルティー

Cross Laminated Timberの略称。

ひき板を並べた層を、板の方向が層ごとに直交するように重ねて接着した大判のパネルの事。

JAS(日本農林規格)での名称は、「直交集成板」。

1995年頃からオーストリアを中心として発展してきた新しい木質構造用材料。

断熱性に優れ、RC造などと比べて工期が短く、重量も軽いため耐震性にも優れる。

ガルバリウム鋼板
か行 資材・建材

【読み方】がるばりうむこうはん

耐食性、耐熱性、加工性に優れた、アルミニウムと亜鉛の合金メッキ鋼板。外装材として使用されることが多く、デザイン性が高いのもポイント。

ルーバー
ら行 資材・建材

【読み方】るーばー

よろい戸のことで、窓などに、幅の狭い板を、縦に羽目板状に一定の傾斜を保ちながら、何枚も取り付けた装置のことを指す。その板の角度を調節することで、換気や採光を行うことができ、衣類収納の扉などに用いられている。また板がガラスでできている、ガラスルーバー窓もあります。ガラスルーバー窓は、小さいサイズでも換気能力を確保しやすいため、キッチンや浴室、トイレなどに多く使用されている。

パイン
は行 資材・建材

【読み方】ぱいん

北米のマツ科(針葉樹)の総称で、パインからとれる建材をパイン材という。ヒノキ材やスギ材と同程度の硬さで、年月がたつと白っぽい黄色から艶やかな飴色に変化するなどの特徴がある。床材や壁材などの内装材として人気が高い。

ジョリパット
さ行 資材・建材

【読み方】じょりぱっと

アクリル系壁仕上げ剤のこと。耐久性や防カビ・防藻性、防火性などに優れた水性タイプのアクリル樹脂をバインダーとした砂壁状塗装剤で、内装用、外装用として広く使われている。粘りのある特性を生かして、コテやローラーで仕上げるほか、水で薄めて吹き付け仕上げに用いるなど、非常に自由度の高い塗装剤。

合板
か行 資材・建材

【読み方】ごうはん

合板とは、厚さ5mm以下の木材の単板を奇数枚、繊維方向が直角になるように交互に重ねて張り合わせた板を指し、一般には「ベニヤ板」と呼ばれている。強度もあり木材の欠点である不均一性が改良されている。樹種や芯材の構成、接着材の種類などで用途が異なり、構造用の面材や各部の下地材、仕上げ材として広く使用されている。

クッションフロア
か行 資材・建材

【読み方】くっしょんふろあ

ビニール系床シートの一種。
特徴としては、中間層に発泡塩化ビニールを使っているのでクッション性が高く、色彩や模様の種類も多く、施工しやすく、掃除や手入れが簡単なことがあげられる。

木表
か行 資材・建材

【読み方】きおもて

木材の皮部分の方向を「木表」という。一般に木表部分を「見栄掛り部分」(柱や鴨居などの施工後もむき出しになる部分のこと)に使用し、対して、心材に近い側は「木裏」という。

木裏
か行 資材・建材

【読み方】きうら

木材の木の中心に近い方を「木裏」という。木裏より木表の方が樹齢が若いため、木の収縮が大きく木表の方が縮みやすい。このソリを利用して、日本舞踊や能の舞台では木裏を使用する。対して、表面に近い側は「木表」という。

カラマツ
か行 資材・建材

【読み方】からまつ

マツ科の針葉樹で、関東~中部地方の高地に生育しています。建築用の構造材(土台・柱・梁・筋交いなど)や内装材、土木材(橋梁や杭など)、家具材として用いられている。また天然のカラマツ材(これを天カラと呼ぶ)は、銘木として重用されている。

1  2