岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設の家づくり用語集

家づくり用語集

防火・防犯

延焼
あ行 防火・防犯

【読み方】えんしょう

近隣の住戸などから発生した火炎が燃え広がり、自宅を類焼すること。まず最初に、建物の軒裏に着火し、その後、軒裏を走るようにして火炎が広がり、屋根や住戸内が炎上するといわれています。

防火木材
は行 防火・防犯

【読み方】ぼうかもくざい

木材に難燃剤を加圧注入・塗布して、難燃処理を施したもの。
防火戸の材料として認められている。

避難設備
は行 防火・防犯

【読み方】ひなんせつび

火災発生の際、避難するために用いられる用具のこと。
滑り台や避難はしご、救助袋、緩降機、避難橋、誘導灯、誘導標識などがあげられる。

防火設備
は行 防火・防犯

【読み方】ぼうかせつび

火炎を遮る設備のこと。 隣地境界線や道路側に面して設けられた開口部(玄関や勝手口、窓等)を遮るかたちで設置された、外壁や袖壁、塀なども防火設備の一つとしてみなされる。

防火性能
は行 防火・防犯

【読み方】ぼうかせいのう

建物の周囲で火災などが発生した場合に、その火災を抑制するために外壁や軒裏などに求められる性能のこと。
外壁・耐力壁に火熱が加えられても、加熱開始から30分間、外壁に構造耐力上支障のある変形や溶融、破壊、その他の損傷が生じないことがあげられる。
また外壁や軒裏に加熱が加えられても、加熱開始から30分間、加熱部分やその周辺部分の温度が可燃物燃焼温度以上に上昇しないこと、などがあげられる。

 
スプリンクラー
さ行 防火・防犯

【読み方】すぷりんくらー

消火設備の一つで、火災時の熱で、スプリンクラーヘッド(散水頭)に取り付けられた2枚の金属板が溶解すると、ポンプで加圧された水が散水口から放出される仕組みになっている。

遮炎性能
さ行 防火・防犯

【読み方】しゃえんせいのう

通常の火災時における火炎を有効に遮る性能のことを指す。
具体的には、防火戸などの防火設備に火熱が加えられた時に、加熱開始後20分間、防火戸の外に火炎を出さない性能を「遮炎性能」といい、「20分間遮炎」が防火設備認定の技術基準になっている。

火災報知機
か行 防火・防犯

【読み方】かさいほうちき

火災発生時に自動的に建物内の生活者や利用者、防災管理者、所轄の消防機関などへ警報を発する機器・システムのこと。火災感知器や火災受信機、火災警報器等で構成されている。

可燃材料
か行 防火・防犯

【読み方】かねんざいりょう

加熱によって燃焼する材料のことを指し、代表例として木材や紙などがあげられる。最近は可燃材料に防火処理を施すことで、難燃性を持たせた材料が数多く開発・実用化されている。

テレビドアホン
た行 防火・防犯

【読み方】てれびどあほん

インターホンにテレビカメラを取り付け、住まいの中から外の様子や訪問者の顔を見ることができる装置のこと。 防犯対策として採用する場合が増えている。

1  2