岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設の家づくり用語集

家づくり用語集

カテゴリから探す

火打ち材
は行 施工・工法

【読み方】ひうちざい

木造住宅などで、軒桁のように、水平に直交する部材間の隅を補強するために、斜めに入れる部材のことを指す。

梁や桁に対して入れるものを「火打ち梁」、土台に対して入れるものを「火打ち土台」などと呼び分ける。

パネル工法
は行 施工・工法

【読み方】ぱねるこうほう

住宅の床、壁、天井などの構造体をパネルとしてあらかじめ工場で製造し、現場で組み合わせて建築する工法のこと。
主要構造部の材質によって「木質系パネル」「鉄骨系パネル」「コンクリート系パネル」などの種類がある。
土台
た行 施工・工法

【読み方】どだい

構造躯体の最下部に設けられる構造材のこと。
木造住宅の場合、基礎(コンクリート)の上に土台を寝かせ、アンカーボルトで固定する。
柱等から伝わる荷重を支え、基礎に伝える役目を果たす。
耐久性を高めるために、防腐・防蟻(ぼうぎ)処理を施すことが一般的となっている。
出隅
た行 施工・工法

【読み方】でずみ

壁と壁、壁と柱などが角度をもって交わることによってできる、建物の外側の隅の部分のこと。

【読み方】つーばいふぉーこうほう

北米で生まれた建築工法で、「枠組壁工法」ともいう。躯体を構成する時に、厚さ2インチ×幅4インチの断面の部材を多く使うことから、この名称で呼ばれる。木造軸組工法が躯体を柱や梁で支えるのに対して、ツーバイフォー工法(2×4工法)は床や壁、天井といった「面」で躯体を支えるのが大きな特徴。

大黒柱
た行 施工・工法

【読み方】だいこくばしら

日本の木造建築物(構造)において、最も重要な役割を担う通し柱のこと。
木造建築物の中央部にあるか、中心的な存在として家を支える柱のことを指す。
背割れ
さ行 施工・工法

【読み方】せわれ

未乾燥の「心持ち材」(樹心を含んだ木材のこと)が乾燥し、木表側に収縮割れが生じること。
通常は、背割れを防ぐために、木材の変形を逃がすための「背割り」(材面のセンターから角材の中心に向けて、適度な深さの溝を入れること)を施す。
仕口
さ行 施工・工法

【読み方】しぐち

構造部材である柱や梁、桁など、二つ以上の部材を組み合わせ、接合する方法のこと。またはその接合箇所のことを指す。仕口はかかった力の伝達が的確に行われるよう、それぞれに「ほぞ」(突起部分)と「ほぞ穴」をつくり組み合わされる。近年は、住宅の耐震性を高めるために、仕口部分に耐震金物(仕口ダンパーなど)を取り付ける場合が主流となっている。

構造材
か行 施工・工法

【読み方】こうぞうざい

柱や梁あるいは耐力壁など、建物を支える構造体となる材料こと。
木造軸組の場合は、柱や梁のこと。
基礎
か行 施工・工法

【読み方】きそ

建物を支える下部構造のこと

<前へ  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12