岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」
する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設の家づくり用語集

家づくり用語集

ツーバイフォー工法(2×4工法)

ツーバイフォー工法(2×4工法)
た行 施工・工法

【読み方】 つーばいふぉーこうほう

北米で生まれた建築工法で、「枠組壁工法」ともいう。躯体を構成する時に、厚さ2インチ×幅4インチの断面の部材を多く使うことから、この名称で呼ばれる。木造軸組工法が躯体を柱や梁で支えるのに対して、ツーバイフォー工法(2×4工法)は床や壁、天井といった「面」で躯体を支えるのが大きな特徴。