岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設の家づくり用語集

家づくり用語集

頭文字から探す

ALC
あ行 英字A~Z 資材・建材

【読み方】えーえるしー

autoclaved light-weight concreteの略で、発泡剤で多孔質化した軽量気泡コンクリートのこと。
板状に加工したものをはALC板またはALCパネルと呼ぶ。
特徴としては軽量で施工、加工が容易で、断熱性・耐火性も高さがあげられる。
鉄骨造りなどの外壁や内壁、屋根、床などに使われてきたが、近年は多様な模様のALC衣装パネルの開発とともに、ALCを一戸建て住宅に使用する場合が増えている。

ラーメン構造
ら行 施工・工法

【読み方】らーめんこうぞう

柱や梁で建物を支える構造で、接合する部分がしっかり固定されているもの。大空間が可能となり、開口部も広くとることができる。鉄筋コンクリート造、鉄骨造が具体例で、中高層マンションで用いられることが多い。

ベタ基礎
は行 施工・工法

【読み方】べたきそ

縁の下をもたない床をつくる場合や軟弱な地盤の上につくる基礎構造のこと

火打ち材
は行 施工・工法

【読み方】ひうちざい

木造住宅などで、軒桁のように、水平に直交する部材間の隅を補強するために、斜めに入れる部材のことを指す。

梁や桁に対して入れるものを「火打ち梁」、土台に対して入れるものを「火打ち土台」などと呼び分ける。

パネル工法
は行 施工・工法

【読み方】ぱねるこうほう

住宅の床、壁、天井などの構造体をパネルとしてあらかじめ工場で製造し、現場で組み合わせて建築する工法のこと。
主要構造部の材質によって「木質系パネル」「鉄骨系パネル」「コンクリート系パネル」などの種類がある。
土台
た行 施工・工法

【読み方】どだい

構造躯体の最下部に設けられる構造材のこと。
木造住宅の場合、基礎(コンクリート)の上に土台を寝かせ、アンカーボルトで固定する。
柱等から伝わる荷重を支え、基礎に伝える役目を果たす。
耐久性を高めるために、防腐・防蟻(ぼうぎ)処理を施すことが一般的となっている。
出隅
た行 施工・工法

【読み方】でずみ

壁と壁、壁と柱などが角度をもって交わることによってできる、建物の外側の隅の部分のこと。

【読み方】つーばいふぉーこうほう

北米で生まれた建築工法で、「枠組壁工法」ともいう。躯体を構成する時に、厚さ2インチ×幅4インチの断面の部材を多く使うことから、この名称で呼ばれる。木造軸組工法が躯体を柱や梁で支えるのに対して、ツーバイフォー工法(2×4工法)は床や壁、天井といった「面」で躯体を支えるのが大きな特徴。

大黒柱
た行 施工・工法

【読み方】だいこくばしら

日本の木造建築物(構造)において、最も重要な役割を担う通し柱のこと。
木造建築物の中央部にあるか、中心的な存在として家を支える柱のことを指す。
背割れ
さ行 施工・工法

【読み方】せわれ

未乾燥の「心持ち材」(樹心を含んだ木材のこと)が乾燥し、木表側に収縮割れが生じること。
通常は、背割れを防ぐために、木材の変形を逃がすための「背割り」(材面のセンターから角材の中心に向けて、適度な深さの溝を入れること)を施す。
<前へ  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12