岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設の家づくり用語集

家づくり用語集

あ行

延焼
あ行 防火・防犯

【読み方】えんしょう

近隣の住戸などから発生した火炎が燃え広がり、自宅を類焼すること。まず最初に、建物の軒裏に着火し、その後、軒裏を走るようにして火炎が広がり、屋根や住戸内が炎上するといわれている。

一次エネルギー消費量
あ行 性能 数字

【読み方】いちじえねるぎーしょうひりょう

建築や住宅で用いる冷暖房をはじめ、換気、給湯、照明などの設備機器のエネルギーを熱量換算した合計の値のこと。太陽光発電設備などのエネルギー利用効率化設備の効果も考慮する。

【読み方】えきすぱんしょんじょいんと

構造の異なる複数の建物を連結する際に用いられる手法・工法のこと。

木造軸組工法の母屋に2×4工法やパネル工法などでつくられた居室を増築・連結する場合などに用いるケースが多い。地震時に建物に想定外の力が作用するのを避けたり、地震時の動きや温度変化による伸縮の吸収など、構造体の安全性向上を目的とする。

追い焚き
あ行 設備・エクステリア

【読み方】おいだき

浴槽内の湯が冷めた時に、もう一度沸かし直すことができる機能のこと。

家族の入浴時間がバラバラで湯が冷めがちな場合などに便利な機能である。

違約金
あ行 資金・税金

【読み方】いやくきん

建築請負契約や不動産売買契約の際に取り決めた内容に違反した場合に、相手方に対して支払うとあらかじめ定めておいた金銭のこと。

頭金
あ行 資金・税金

【読み方】あたまきん

土地・住宅の購入契約時や住宅の建築請負契約時に払う一時金のこと。工事着手金や手付金ともいう。

一次エネルギー
あ行 性能 数字

【読み方】いちじえねるぎー

石油・石炭・天然ガスなどの化石燃料、原子力の燃料であるウラン、再生可能エネルギーの水力、太陽、地熱など、自然界に存在するままの状態のエネルギー源のこと。

縁甲板
あ行 資材・建材

【読み方】えんこういた

日本建築の縁側等に使われる床仕上げに張る木材で、主に檜、松などが使われる。
むく板を加工したもので、床用のほか壁や天井にも使われる。

ウォールナット
あ行 資材・建材

【読み方】うぉーるなっと

クルミ科クルミ属の広葉樹で、世界各地で栽培されている。一般にクルミ属の樹種は、材質が優れ、加工性が良く、狂いが少なく、比重が軽い割に強度が高い非常に優れた素材である。独特のくすんだ色合いを帯び、外観が美しいため、建築用造作材や家具、楽器、彫刻などに幅広く用いられている。北米の「ブラックウォールナット」もこの樹種の仲間。

雨どい
あ行 施工・工法

【読み方】あまどい

屋根を流れる雨水を軒先に集め、地下や下水まで導いて排水する部材のこと。形状は溝型や管状が多く、銅板や亜鉛鉄板、カラー鉄板、硬質塩化ビニルなどでの素材で作られている。軒先に付ける「軒どい」や軒先から地上につなぐ「竪(たて)どい」、両者の接合部分の「呼びどい」または「あんこう」などに分かれている。

<前へ  1  2  3