岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設:凰スタイル「生づくりの家」

凰スタイル

生づくりの家 udukuri style

住んでますます 健康になる家

一歩足を踏み入れると、そこはまるで深い森の中。
思わず深呼吸したくなるような空間が広がります。
森の中に入って、「あ~空気がおいしいなあ」と
思ったことはありませんか?
息を吸い込むたびに、身体の中がきれいになっていくような、
きもちのいい感覚。
そんな感覚を、生づくりの家では味わうことができます。
また、新築の家に入って、独特な匂いを感じたことはありませんか?
「新築のいい匂い!」と思ったこと、ありませんか?
実はその匂いの正体は、化学物質かもしれません。
凰建設がつくるのは、真の健康住宅です。
住んでますます健康になる家、「生づくりの家」をご紹介します。

  • 幻の漆喰
  • 音響熟成木材
  • 清活畳
  • FFC免疫処理

幻の漆喰

光熱触媒を活かした天然の空気清浄器で快適環境を創り出す
古の知恵が今に生きる天然の空気清浄器

特徴
  • 室内の空気を半永久的にクリーンに保つ
  • ホルムアルデヒドだけでなく、
    様々な化学物質・有害物質を吸着・分解
  • 光熱触媒により、壁の汚れ(化学物質の汚れ)を自然に分解
  • マイナスイオンや各種ミネラル物質を発散、リラックス効果が得られる
  • 鳥インフルエンザウィルス感染価が99.9998%低下

幻の漆喰は、化学物質に対する吸着力が非常に高い「焼成カルシウム」と「麻のスサ」や「海草」を煮込んで作った糊を、無菌水で混ぜ合わせて作られています。ですから、完全天然素材で、安全な壁材です。さらに特筆すべきは、光熱触媒の効果。光が当たる場所だけでなく暗がりでも温度と反応を起こし、臭いや化学物質を吸着・分解。半永久的にクリーンな空気をつくり、心地よい居住空間を保つのです。

化学物質を吸着・分解する幻の漆喰が持つ光触媒の効果は、『ホルムアルデヒド分解試験』でも実証済み。アトピー(アトピー性皮膚炎)やアレルギーの原因の一つともいわれるホルムアルデヒドの分解試験では、わずか30分で驚きの数値が出ています。

また、鳥取大学鳥由来人獣共通感染症疫学研究センターの伊藤教授と共同で行った研究実験で、「幻の漆喰」に作用させた鳥インフルエンザウイルスが、99.9998%低下とほぼ完全に感染性を失うという結果も認められました。

音響熟成木材

目を閉じれば、森の中にいるよう 丁寧につくりあげた、ぜいたくな木材

特徴
  • 常温で音響熟成するので、木材の細胞が破壊されず
    生き生きしている
  • 保水性が高い。雨時に保水し、乾燥時に水分の発散を
    行い風邪やインフルエンザの予防効果も期待
  • 調湿性能がよくなり、結露防止や防カビ対策に役立つ
  • 保湿性に優れ、体感温度が人肌に近く、一年中素足の生活が楽しめる
  • 油分が多く含まれているため、見た目も美しく、防菌作用に優れている

木造住宅で一番大切な乾燥方法を追求した、生きた建材。 それが「音響熟成木材」です。 ココロと身体を癒やし、目を閉じれば本当の森の中でくつろいでいるような気分になれることでしょう。
木造住宅で最も重要となるのは素材となる木材。その木材の質を決めるのは木の「乾燥方法」だと言われています。その方法を大きく分けると、「自然乾燥」「機械乾燥」の2種類。文字通り、時間をかけて自然に乾燥させるのが自然乾燥、熱風やスチームなどの高熱を利用し人工的に乾燥させるのを機械乾燥です。
木材にとって良い方法は、言わずもがな自然乾燥。ただ多大な時間がかかり、乾燥途中で割れたり変形したりしロスが多いため、非常にコスト高になってしまいます。逆に機械乾燥は短い時間でできるために、多くの企業が採用しています。ただ、機械によって一気に高温に上げるため、木材の最も大切な油分やエキスが、水分と共に蒸発、同時に木の細胞が破壊されて、木本来の機能が失われているというデメリットがありました。
メリットデメリットがある「自然乾燥」と「機械乾燥」。
それでは、質を保ちつつ、コストをかけない新しい乾燥法はないものか…。
そうやって私たちが行き着いた答えが「音響熟成木材」でした。
常温熟成庫の中でクラシック音楽を聴かせ、熟成乾燥させるという方法。
木の細胞が破壊されることなく、木材の持つ油分やエキスがそのまま残り、保湿作用・保水作用・防菌作用を持ち合わせ、時間とともに美しいツヤも出てくるという、まさに「生きた建材」。木が持つ本来の力を生かすことで、本物の自然素材を生み出し、様々な効果を生みだしたのです。

響熟成木材からつくった生づくりの床

子供や孫に「美しい環境」と「健康」をプレゼント
音響熟成木材からうまれたうづくり健康フローリング

特徴
  • 足裏を刺激で身体のバランスを改善。肩こりや腰痛、
    偏頭痛などの予防に効果がある。
  • 可視光線を吸収し、眼精疲労を防ぐ。
  • 湿度調節効果が高く、冬は暖かく、夏はひんやり。
  • 素足での暮らしが楽しめ、自己治癒力も高める効果がある。

うづくりの床とは、表面をこすることで、年輪の凹凸を際だたせた木材のこと。
家族が自然と床の上で転がって遊ぶ…
そんな家族の絆が、うづくりによって生まれます。
なぜ「うづくりの床」がいいのか?足裏に受ける刺激が心地良く凹凸で滑りにくい為、お子様からお年寄りまで、どなたも歩行が楽に感じます。
また、可視光線を吸収するため、目に優しく映ります。
さらに、梅雨時の水分を多く保水し、秋口の乾燥期に放出することで湿度の調節をしてくれますので、風邪の予防にもなります。
無塗装で、冬は暖かく、夏はひんやりと、素足での暮らしが楽しめることも、自己治癒力を高める効果の根本と言えるでしょう。

清活畳

天然の空気清浄器で快適環境を創り出す
清々しい室内環境を保つ竹炭入り「清活畳」

特徴
  • 室内の温度を調整し、かび、細菌、ダニ等の
    発生を抑える
  • 脱臭効果でお部屋の清清しい空気を保つ
  • 保湿・断熱効果で、夏涼しく冬暖かい部屋に。冷暖房費を節約できる
  • マイナスイオン効果で安眠と目覚めを健やかに

清活畳の秘密

清活畳の断面図畳の中に竹炭を入れ込んだ清活畳。畳の中央に竹炭をたっぷり入れています。その量は6畳2間でドラム缶1本の量。だからこそ、竹炭の持つ「保湿・断熱」「消臭」といったパワーをそのまま畳でも実現できたのです。さらに、半永久的に発生する「マイナスイオン」は、自己治癒力を高め、免疫機能・新陳代謝を促進します。そのため、プレッシャーやストレスを抱える方のリフレッシュ効果・脱臭効果・電磁波の無害化などの効果があると言われています。また、表替えは何度でも可能ですので後々のメンテナンスも心配いりません。もちろんアレルギー 体質のお子様にも安心してお使いいただけます。

知られざる竹炭のパワー

竹炭の断面には、数ミクロンの無数の穴が開いています。その穴のひとつひとつには、有能な微生物(バクテリア)が棲んでいます。このバクテリアの働きにより、空気中タバコやペット・トイレの臭いをはじめ、家具や家電などから発生する化学物質のガスなどを吸着してくれるのです。さらに吸着した化学物質や有害物質を分解する働きもあるのが特徴。竹炭のこの効果は、備長炭の数倍から10倍程度あるとされています。

商標登録を受けた「信頼できる商品」をお届けしております

【商標登録】
幻の漆喰/登録第4739347号取得
音響熟成木材/登録第4739348号取得
清活畳/登録第4827042号取得

【特許出願中】
木材の熟成乾燥方法
および木材の熟成乾燥装置/特願 2004-153692号

施工事例はこちら
お申込フォームはこちら