空調

エアコンが止まると命は危ないのか

9月に入りましたね。

暑かった今年の夏の勢いもだいぶ落ち着いてきました。

岐阜の暑さが色んな意味で注目を集めたと思います。

7月は全国上位を総ざらいして話題になりました。

8月はエアコンの止まった病院で死亡者が出て話題になりました。

8月はちょっと不名誉でしたが、暑さがガマンで何とかなったりするレベルの物ではない

時代になってしまったことは認知が進んだと思います。

暑いことが法律違反にはならないのは日本だけ?

4bmx07fde3eed5qf28_800C450.jpg

さて、話題の藤掛第一病院さんですが、話が大きくなりすぎている部分と無視されてしまっている部分があります。

まず、話が大きくなりすぎている部分。

エアコンが止まった→お年寄りが亡くなった。

それは間違いないのですが、果たしてそれが殺人罪になるものなのかどうかを拡大解釈してしまっている人や記事が後を絶ちません。

そもそも藤掛第一病院は療養病床を持つ病院です。

療養病床とは、誤解を恐れずに言えば終末医療を行うところです。

つまり、そもそもが、入院中に亡くなる可能性の高い状態の人が入っている病院であり、エアコンが正常に動いていたからといって入院患者さんがこの先長く生きていける状態だとは考えにくいです。

そして、エアコンの管理が悪かったのではないかという問題ですが、エアコンが効くかどうかの点検や管理をしなければならないという法律はありません。

フロン規制法という法律の中で、業務用エアコンは、フロンガスが漏れていない事を定期的に確認するという決まりはありますが、点検をしていなかったとしても、怒られるのはフロンが漏れていた可能性があるという点だけです。

ビル管理法という法律の中で、建物の温度はおおむね28℃以下にした方がいいですよと言う指針があります。

これは決まりではありませんので、暑い事が法律違反になるわけではありません。

暑くて人が死ぬという事を問題とするのであれば、全国で家族が熱中症で亡くなった人たちはすべからく逮捕されねば辻褄が合いません。

ですよね?

これって、おかしいと思いますでしょうか?

私はおかしいと思います。

実は、建物の温度に関して、何も法律の定めが無いのは先進国の中では日本だけです。

ドイツなどは、最低温度は19℃と定められており、アパートの大家さんなどは、それを下回るような建物は貸せないという仕組みになっております。

当然、ベースの温度が上がるように、建物の性能は日本よりもはるかに高く設定されており、日本で主流の、コンクリートだけで構成された建物など建ててはいけません。

DSCF6004.jpg

断熱は夏にも効果はあるの?

断熱は冬の物と思われている方もいらっしゃいますが、実は断熱は夏にも効果があります。

炎天下に停めておいた車は中がものすごい温度になります。

車は断熱材がほぼ無く、ガラスからたっぷり日射熱が入ってくるからです。

ダウンロード (1).jpg

皆さんの家は日中出かけて帰って来ても、炎天下の車程は暑くないはずです。

なぜか。住宅の壁は車のボディよりも厚く、断熱効果が働くからです。

という事は、しっかりと断熱された家であれば、夏に40℃とか50℃みたいな室内環境になる事はないのです。

今回事件が起きた病院は、恐らくコンクリートだけで作られた構造です。

コンクリートに断熱が無い建物の夏の室内は、気温が40℃近くまで上がります。

上の階のエアコンの冷気などで、もう少し温度は低かったと思いますが、人間にとっては厳しい環境です。

家の性能で熱中症対策

エアコンが壊れた事が問題だという人もいますが、そもそもエアコンは必ず壊れるものです。今回は7月の猛暑の影響もあり、岐阜の空調屋さんはお盆過ぎまでパンパンな状況で仕事をしておりました。

8/20に壊れたエアコンの対処を8/29にできたのであれば、頑張った方だと思います。

病院の管理体制に何も問題が無かったというつもりはありませんが、犯人をエアコンだけにしてしまうと、この問題は、温暖化が進むたびにあらゆるところで噴出するようになるはずです。

今までは人が死ぬという事までは行かなかった温暖化、猛暑化が、人を殺せるレベルまでになってしまったと言えるかもしれません。

エアコンが止まっても、暑い暑いと言いながらでも過ごせるくらいの性能を持った建物を作らねば、暑くて人が死ぬという事はこれからも加速していきます。

エアコンよりも先に家の性能を上げていかなくては熱中症対策としては片手落ちですね。

 

さて、今回は暑さ対策のお話しでしたが、

家づくりにはまだまだたくさんの落とし穴があります。

家づくり失敗したなぁと思う人を一人でも減らせたらと思い、

ブログではとても書けない事を数通のメルマガにしてみました。

また、メルマガに登録いただいた方には、特別小冊子

「家を建てる前に知らないと大変な事になるお金のはなし」

を特典として無料で差し上げております。

メールアドレスのみで大丈夫です。下記フォームよりご登録くださいませ。

 

【実録】建築会社と担当者選びを失敗した理由


 

  • この記事を書いた人
アバター

森 亨介(こうすけ)

国立岐阜工業高等専門学校建築学科卒業 建築環境工学を専攻する。 生涯コストが最も安くなる家を作る事を提唱し、普及に努めている。 凰建設株式会社専務取締役 一般社団法人ミライの住宅代表理事 一般社団法人パッシブハウスジャパン東海支部エリアリーダー

-空調

Copyright© 岐阜の注文住宅工務店 凰建設 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.