パッシブハウス

パッシブハウスの保温性はすごいと思います。

3月8日にオープンしたモデルハウスに、沢山のご来場をいただき、ありがとうございました。

内覧会中、お越しいただいた方にはご説明させていただきましたが、

モデルハウスの室内気温を暖房開始以来、ずっと計測しておりました。

そのデータをまとめましたので、公開させていただきます。

モデルハウス温度.jpg

特筆するのは、3月9日の午後から3月10日にかけて。

約36時間、暖房せずに放っておいたにも関わらず、室内気温は18℃くらいをキープしております。

しかも、放っておいた3月11日は、冬に戻ったかと思うような吹雪舞う寒い寒い日でした。

薪ストーブがすごいのか、家がすごいのか、

どちらもすごいのですが、信じられないくらいの暖かさでした。(むしろ暑いという声も、、、)

3年前、山形市のパッシブハウスで体感したあの暖かさが、やっと自分たちの手で実現できました。

1日の薪使用量4kg、それでいて十分過ぎるほど暖かい。

毎日、温湿度データとにらめっこですが、毎日、驚かされております。

このグラフ見てるだけでご飯が食べられます。

 

さて、今回はパッシブモデルハウスのお話しでしたが、

家づくりにはまだまだたくさんの落とし穴があります。

家づくり失敗したなぁと思う人を一人でも減らせたらと思い、

ブログではとても書けない事を数通のメルマガにしてみました。

また、メルマガに登録いただいた方には、特別小冊子

「家を建てる前に知らないと大変な事になるお金のはなし」

を特典として無料で差し上げております。

メールアドレスのみで大丈夫です。下記フォームよりご登録くださいませ。

 

【実録】建築会社と担当者選びを失敗した理由


 

  • この記事を書いた人
アバター

森 亨介(こうすけ)

国立岐阜工業高等専門学校建築学科卒業 建築環境工学を専攻する。 生涯コストが最も安くなる家を作る事を提唱し、普及に努めている。 凰建設株式会社専務取締役 一般社団法人ミライの住宅代表理事 一般社団法人パッシブハウスジャパン東海支部エリアリーダー

-パッシブハウス

Copyright© 岐阜の注文住宅工務店 凰建設 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.