パッシブハウス

念願のストーブ

3年前に出会ってから、夢に思い続けた念願の薪ストーブがいよいよ施工されました。

スイス製、トーンヴェルグ社の薪ストーブです。

聞いたことない!という人が殆どだと思いますが、

それもそのはず。日本では殆ど普及しておらず、幻のストーブと言ってもいいと思います。

惚れ込んだ点

1、出力が低く、長時間熱を出す蓄熱型ストーブである事

2、画期的な燃焼効率!薪をローソクの様に立てて上から火をつけます!

3、デザイン!縦長で薪ストーブらしくなく、かっこいい!

4、安全性!室内への燃焼ガス流入対策、火傷対策、これ以上のものはありません。

5、高気密高断熱住宅で使える!これがなかなか無いんですよね。

特に性能面。

1.6Kwの低出力が10時間続くそうです。

110㎡のパッシブモデルハウス、Q値が0.82w/㎡・kだと

このストーブ1台あれば、通常運転で外気温+17.7℃を10時間維持できる!

夕方5時頃ストーブを一回焚いて明け方まで暖かい状況が作り出せれば、

日中は薪いらずで、ずっと過ごせる予定です。

夢の性能×夢のストーブ=夢の暮らし ですね。

2014-02-23 09.17.51.jpg

燃焼室は縦長!

2014-02-23 09.18.49.jpg

蓄熱体があるので、出力が長時間続きます。

2014-02-23 09.20.03.jpg

100%機械制御、電源を一切必要としませんが、燃焼室のオートクローズ、

燃焼開始後のダンパーオープン機構等、全て自動。人が行うのは薪を燃やして

灰を出すだけ!

安全面にもこんなに配慮したストーブ、日本では殆どお目に掛かれません。

2014-02-23 09.19.25.jpg

煙突が終わったら、ストーブの組み立てです。楽しみですねー。

2014-02-23 15.29.33.jpg

完成!念願の薪ストーブがパッシブハウスにやってきました!

薪ストーブ屋さんの小川さんと一緒に記念撮影。

あー、、早く使いたいなあ。

 

さて、今回は薪ストーブのお話しでしたが、

家づくりにはまだまだたくさんの落とし穴があります。

家づくり失敗したなぁと思う人を一人でも減らせたらと思い、

ブログではとても書けない事を数通のメルマガにしてみました。

また、メルマガに登録いただいた方には、特別小冊子

「家を建てる前に知らないと大変な事になるお金のはなし」

を特典として無料で差し上げております。

メールアドレスのみで大丈夫です。下記フォームよりご登録くださいませ。

 

【実録】建築会社と担当者選びを失敗した理由


 

  • この記事を書いた人
アバター

森 亨介(こうすけ)

国立岐阜工業高等専門学校建築学科卒業 建築環境工学を専攻する。 生涯コストが最も安くなる家を作る事を提唱し、普及に努めている。 凰建設株式会社専務取締役 一般社団法人ミライの住宅代表理事 一般社団法人パッシブハウスジャパン東海支部エリアリーダー

-パッシブハウス

Copyright© 岐阜の注文住宅工務店 凰建設 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.