企業情報

ご挨拶

ハイパー高性能+住んでますます健康になる家。

 弊社の手がける建物はその時々の先端技術を取り入れ、哲学的視野に基づいた建物と自負しております。

 その一つがパッシブハウスであり、世界最高水準の建物性能を有しております。もう一つが重度の化学物質過敏症の方でも安心して住んでいただける、住みながら健康になっていく家です。

 お客様とは、入居後もずっとずっと良い関係を続けて参りたいと思っております。凰建設で家を造って「あ~良かったなぁ」と生涯感じていただける人間関係を作ってまいります。そこに住まわれる人々の幸せを感じながら住まいも一緒に成長していきます。
また、私たち凰建設の社員も同じようにその時々のお客様のニーズに対応すべく成長して参ります。これまでの60年、そしてこれから先の50年、100年。凰建設も歩みを止めることなく皆様のお役に立てる会社を目指して、努力を重ねて参りたいと思います。

 皆様の笑顔と安心、それが私たちの生き甲斐であり喜びであります。

代表取締役 森 幹治

理念

基本理念

我々は、住まいづくりのパイオニアとして
お客様とのふれあいを大切にし
夢をカタチに築きあげ
満足と信頼を以って社会に貢献します

 

行動指針

1. <人づくり>
我々は、チャレンジ精神で常に学び、与えられた条件の中で成果を出すプロになります。

2. <技術づくり>
我々は、P、Q、C、D、S(設計、品質、コスト、納期、サービス)の各分野で日本一を目指します。

3. <サービスづくり>
我々は、あらゆる商品や知識を提案し、生涯を通して住まいのアドバイスをします。

4. <お客様づくり>
我々は、情報のネットワークづくりを行ない、お客様の基盤をつくりあげます。

5. <社風>
我々は、思いやりの心と友情を大切にし、前向きな姿勢で行動します。

 

三信条

我々の基本となる精神は住まいを通して社会に貢献することにある

お客様の満足
社員の幸せ
会社の発展

 

五つの問いかけ

1. お客様の満足を求めているか
2. プロとしての自覚と誇りを持っているか
3. 自分自身成長しているか
4. 友情を大切にしているか
5. 目標に向かって努力しているか

 

第31期基本方針

報告は気配り、連絡は即、相談は根回し


【基本方針】

 2027年に着工がほぼ決定した「国道156号線岐阜東バイパス」は2030年の開通に向けて2019年末までに杭の確定を行い、2020年からは用地買収が本格化します。地元の利を最大限に生かし受注シェアーを30%目標に設定して用地の確保や折衝のお手伝いを軸に受注の確保に全力を尽くします。同時に弊社作業場も移転を強いられることが決定しその移転の準備にも同時に取り掛かることとなりました。南町の第1倉庫と工場は立ち退きの対象になりますが上芥見の第2倉庫、町屋の第3倉庫は立ち退き対象にならず,会社運営にも支障をきたす有様になってしまいます。今後は、行政と協議を重ねながら折り合いの付く着地点を探さねばなりません。

 10月に消費税が10%に引き上げされた後にくる反動不景気に備えるためにもより高性能な住宅を提供する必要性と8%と10%の狭間に落ち込んでいく利益をどう救い上げるかが今季の最大課題となってきます。

 ガチンコ勝負でも勝ち抜いていける強い営業体質と、無駄をそぎ落とした現場の作業効率こそ、今期を耐え忍ぶ血や肉となっていきます。相手を深く思いやる報告と、素早い連絡、相手の意思を尊重することで満足を得る相談を全社一丸となって取り組んでいきます。

【環境分析】

・2022年まで引きずる金融緩和継続によるゼロ金利政策、物価上昇率は原油関連以外は足踏み状態。

・建設キャリアアップシステムの本格運用とインボイス制度の検討、勉強会の加速。

・IoT住宅の本格的導入、AIスピーカーをはじめとする人工知能、ロボットが各家庭に配備され始める。

・老々介護の本格化。簡単な住宅改修によるバリアフリー化が大洞団地内に広がる。

・中古流通のインスペクション制度により、長期優良化や省エネリフォームが本格化する。

 

企業情報この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

CONTACT 凰建設へのお問い合わせはこちらから