岐阜の木造注文住宅を「完全自社施工」する岐阜県岐阜市の凰(おおとり)建設:凰スタイル「パッシブハウス」

凰スタイル

パッシブハウス Passive house

住んでますます 健康になる家

燃費のいい車を選ぶように、建物の性能にも
こだわってみませんか?
自然エネルギーを上手に使う低燃費な暮らしは、
社会貢献にもつながります。
凰建設は、日本の気候・風土に合った快適な
住まいをご提案します。

  • パッシブハウスって?
  • 自給自足ができるワケ
  • 選ばれる理由

パッシブハウスって?

パッシブハウスって?パッシブハウスとは、1991年にドイツのパッシブハウス研究所によって確立された省エネ住宅基準です。各国の法規によって定められた省エネ基準よりもはるかに厳しい基準ですが、その経済性が実証されるとドイツやオーストリアで大きく普及しました。近年ではEUとは気候の異なるアメリカや韓国でもパッシブハウスの建設が試みられています。

パッシブハウスの条件は、床平米当たりの一次エネルギー消費量および冷暖房負荷、そして気密性能の基準を満たすことですが、性能数値のみが独り歩きするのではなく、まずはパッシブハウスの考え方を正しく理解することが大切です。

特徴
  • 自然エネルギーを上手に活用する
  • 省エネシミュレーション
  • 気候・風土に合った設計をする
  • 建物自体の性能を高める
  • 地球環境に負荷の少ない設備機器を取り入れる
  • エネルギーの見える化

これらを組み合わせることで、快適に生活できる住宅です。

エネルギーの自足自給

・日本の風土・気候に合った設計

気象条件を読み取り、それぞれの地域に合わせて計画していきます。パッシブハウスにとって窓はとても重要です。風向きや太陽の方向を考慮して大きさや位置を設定すれば、夏は日差しを遮り、冬は日射を取り入れ部屋を暖めることができます。加えて、庇の出や窓のブラインドの有無を検討し、有効的に自然のエネルギーを利用します。間取りはコンパクトにスッキリとおさめることで見た目にも美しく仕上がります。

・高断熱パネル+付加断熱材

断熱性能は次世代省エネ基準の3倍以上です(平成26年4月現在)。 地域や好みに合った断熱材を使用し、今まで以上の高気密・高断熱住宅を実現します。

・高性能サッシ・24時間計画換気設備を採用

外気温の影響を受けやすいサッシや換気設備からの熱移動を減らします。

・太陽光発電で自然エネルギーを利用

昼間発電した電気はバッテリーに貯めておけるので災害時でも電気を使うことができます。

選ばれる理由

選ばれる理由建物本体の性能を高め、自然のエネルギーを上手に使うことでエネルギーの使用量を削減できるパッシブハウス。結露やカビの発生を防ぐことで建物の耐久年数が延び、一戸の建物が世代を超えて受け継がれていきます。省エネルギーな暮らしを選択することが、住まいからの社会貢献につながるんです。パッシブハウスは環境に優しいだけではありません。日本の風土に合った暮らしには、今までにない気持ちよさがあります。またワンルームのつながりある空間では家族が身近に感じられ、自然と笑顔が生まれます。

施工事例はこちら
お申込フォームはこちら