耐震性能

耐震性能seismic

 

凰建設は、最新の耐震・制震設備を備え、数百年に一度の災害が起きたとき、あなたの大切なご家族と財産を守れるように、今からきちんと備えています。

また、長期優良住宅の耐震基準や、住宅性能評価制度の耐震対応基準もクリアしています。

耐震等級3

耐震等級とは、住宅性能表示制度および耐震診断により、建物がどの程度の地震に耐えられるかを示す等級で、「構造躯体の倒壊等防止」と「構造躯体の損傷防止」、「その他」の3つがあげられます。
建築基準法(震度6強から7の地震で倒壊崩壊せず、震度5強程度の地震で損傷しない程度)の耐震基準を満たせば「等級1」、その1.25倍なら「等級2」、1.5倍なら「等級3」となります。
おおとり建設では、基準を最高レベルの【等級3】とし、阪神・淡路大震災レベルの地震が来ても耐えうるだけの設計・施工をさせていただいています。
※耐震等級3では、地震保険の耐震等級割引も受けられます!

直下率

直下率とは、2階の壁・柱と1階の壁・柱の位置が一致する割合を示すものです。
柱は50%以上、壁は60%以上で良好と評価されます。建築基準法等で規制があるわけではありませんが、こちらは多いほうが揺れへの耐久性が上がります。しかし、間取りがある程度制限されてしまうデメリットもあります。
おおとり建設では、直下率〇%を基準とし、できるだけお客様のご要望を取り入れつつ、地震に強い間取りをご提案させていただきます。

偏心率

偏心率とは、住宅や建物で、重さの中心点(重心)と、強度の中心(剛心)が離れている割合のことで、建物のバランスの良さを示します。重心と剛心が離れているほど偏心率は高くなり、建物の揺れが大きくなります。

建築基準法では一般的な住宅の偏心率を0.15以下と定めていますが、おおとり建設では自社基準を〇%として設計しています。

SW+制震

おおとり建設ではスーパーウォール工法を採用し、高品質な住宅をご提供しています。

SW工法では、高性能スーパーウォールパネルを使用し、建築基準法で木造最高レベルとなる「壁倍率5倍」(国土交通大臣認定を取得)を実現。
壁倍率2.5倍の基本パネルと組み合わせることで、効率よく耐力壁を配置することが可能になります。また、一般在来の家の壁(筋かいによる5倍相当仕様)と比べても壊れにくく、変形量も筋交いの半分であることが耐力試験で確認されています。

住宅の壁倍率

一般的な筋交い

SW壁パネル

一般的な筋交い(5倍相当仕様)

SW壁パネル(5倍)

SW壁パネル(5倍)は、同じ力では壊れていません。変形量も筋交いの半分です。

 

凰の家づくりこの記事を見た人はこんな記事も読んでいます

CONTACT 凰建設のつくる家の耐震性能についてのご質問は質問箱からどうぞ!